吾輩は亀である

ブラックアロワナ Sサイズ

b0052564_14485486.jpg


ブラジルネグロ川、その支流ブロンコ川原産のアロワナです。古代魚代表するシルバーアロワナに比べて記載自体が遅く、アクアリウム界に登場したのも1960年代後半と言われています。シルバーアロワナに良く似た体型を持ちますが、幼魚では大きく色彩が異なり、黒い体色と黄色いラインとのコントラストが非常に美しいのが特徴です。成長と共に体色は銀色になり、青味を帯びたヒレは外縁がオレンジに色づいていきます。鱗片に青とオレンジの模様が見られ全体的に青味が強い点やシルバーアロワナと比べ体高が低く、厳つく大きな頭部を持つことも特徴の一つです。シルバーアロワナに比べ流通は少なく、不定期に幼魚がまとまって輸入されます。



飼育はアロワナの中でも難しく、神経質で水質の変化にも弱いので十分にろ過された低pHの軟水が適します。また食が細いことから幼魚から若魚に育てるまでに時間がかかり、こまめに少量のエサを与える必要があります。水面のエサを好んで食べるので、浮上性のエサやコオロギなどの昆虫が適しています。
[PR]



by imasu6 | 2010-05-16 14:49 | ペット

なんてことない、ダラダラ綴り
by imasu6
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ダラダラ
クタクタ
シャキシャキ
ブチブチ
絶滅危惧種
絶滅種
ペット
新種
未分類

フォロー中のブログ

ブログパーツ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧