吾輩は亀である

フラワーホーン レッドドリーム“紅運”

b0052564_22222645.jpg


2001年のアクアラマで紹介され、一躍世界中でペットフィッシュとして広まった、シクラソマを元に作出された改良種です。フラミンゴシクリッドとトリマクラータス種の異種交配ベースに、数種のシクラソマグループを交配したといわれ、その交配過程は複雑でほとんど公開されていません。東南アジアの華僑を中心に人気を集め、風水的な意味を重視しています。成長と共に発達する肉瘤は“相”と呼ばれ、悟りを得た僧(羅漢)を表しています。また、“彩”と呼ばれる赤い体色は幸福を意味し、花弁を表した体側のスポットは“様”と呼ばれます。フラワーホーンはこの “相”、“彩”、“様”のコントラストが重要とされ、交配により様々な品種が生み出されています。色彩には個体差も大きく、同じ個体はいないといわれるほど多くのバリエーションを持ちます。飼育者に良く慣れ、丈夫で何でも良く食べることからペットフィッシュとして飼育しやすく、60cm以上のサイズであればそれほど大きな水槽でなくても飼育可能な点も大きな魅力です。
[PR]



by imasu6 | 2010-05-18 22:23 | ペット

なんてことない、ダラダラ綴り
by imasu6
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ダラダラ
クタクタ
シャキシャキ
ブチブチ
絶滅危惧種
絶滅種
ペット
新種
未分類

フォロー中のブログ

ブログパーツ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧