吾輩は亀である

アフリカンロック・シュリンプ “ブラック”

b0052564_19481027.jpg


西アフリカ原産のエビです。東南アジアに生息するロックシュリンプと同様に摂餌行動の面白い種で、第1、第2胸脚は細かい毛が密生し、これをアンテナのように広げて水中の微生物などを摂食しています。東南アジア産のロックに比べサイズは大きくなり、太い脚の先端は細かい針状になっていて、大きな体を支えるスパイクになっています。カラーバリエーションが豊富なことで知られ、ブルーや淡いピンクのような個体が見られます。この体色は脱皮とともに変化していくようです。

飼育は水質の悪化と高水温に注意が必要です。エサは細かくした人工飼料だけでなく、底面に落ちたタブレットフードなども食べますが、大食漢のためエサが十分に行き渡るように注意が必要です。性質は温和で他の魚や、エビとの混泳も問題ありませんが、本種にエサが行き渡るように大きな種との混泳は控えた方が良いでしょう。
[PR]



by imasu6 | 2010-06-29 19:49 | ペット

なんてことない、ダラダラ綴り
by imasu6
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ダラダラ
クタクタ
シャキシャキ
ブチブチ
絶滅危惧種
絶滅種
ペット
新種
未分類

フォロー中のブログ

ブログパーツ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧