吾輩は亀である

コーカサスオオカブト “マレーシア キャメロンハイランド産”

b0052564_13455228.jpg


東南アジア最大、最強のカブトムシです。3本の大きな角が特長で、非常に長い前脚と美しい艶を持つ上翅が魅力的な種です。広い生息域を持ち、地域ごとに形態の差が見られます。以前は和名にもなっていた“コーカサス”(caucasus)の学名は変更され、各地域ごとに亜種として細分化されました。



各亜種ごとに胸角や頭角等に差異が見られ、ジャワ島に生息するものが基亜種とされました。スマトラ島産亜種は胸角が直線的で、頭角に矢じり状突起が見られず、やや角ばった体型です。最大サイズの個体は本産地から得られています。マレー半島産亜種は他の産地に比べて数が少ないことから高価で、胸角の湾曲が強く頭角の矢じり状突起が見られません。大型になり、角、体の幅があって美しい体型を持つことから人気の産地です。一般に多く流通するコーカサスはジャワ産のものが多く、頭角の先端に矢じり状の突起を持ち、胸角の湾曲はマレー半島産とスマトラ産の間ほどです。



世界最強のカブトと呼ばれるほど闘争心が強いため、オスとメスは交尾時のみ一緒にして、普段は別のケースで飼育する必要があります。オスの胸部と腹部の隙間は鋭利ではさむ力も強いため、指を挟まれたりしないように取扱時には注意が必要です。



生息地では標高が1000mを超すところで見られ、あまり高温には強くありません。夏などは室温が暑くなり過ぎないように注意が必要です。
[PR]



by imasu6 | 2010-08-01 13:47 | ペット

なんてことない、ダラダラ綴り
by imasu6
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ダラダラ
クタクタ
シャキシャキ
ブチブチ
絶滅危惧種
絶滅種
ペット
新種
未分類

フォロー中のブログ

ブログパーツ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧