吾輩は亀である

ギラファノコギリクワガタ “フローレス産”(WD)

b0052564_1645390.jpg


&affidクワガタの中でも世界最大ノコギリクワガタです。Giraffaはキリンの意味を持ち、その長い大アゴをキリンの長い首にたとえています。漆黒のボディと、ボディと同程度の長さになる大アゴは迫力満点で、世界最大の名に恥じないものです。東南アジアに広く分布し、生息地によって9亜種に分けられています。各亜種ごとに大アゴの形態等が異なり、フローレス島ロンボク島の個体は特に大きくなり、100mmに達することも珍しくありません。



一般に多く流通するのはジャワ産で、サイズはやや小型ですがバランスのよい体型と形の良い大アゴを持ち、安価で手に入れやすい産地です。ギラファの中でも最も大型になるフローレス島、ロンボク島産の個体も入手しやすいです。内歯が発達し光沢のあるネグロス島産のものは流通が少ないことから入手が難しく、高価でギラファの中でも最高峰とされています。内歯が段状につながるインド南部産のものや、内歯がつながり台形状になるスラウェシ産、大アゴの太さが特徴的なタフナ島産のなど、流通の少ない産地も多くコレクション性の高い種です。



飼育は容易ですが、長い大アゴのためエサを食べづらく、ゼリーは切ってあげたり、大き目のカップのものを使う必要があります。転倒防止のために木片などを入れ、オスとメスは分けて飼育したほうが良いでしょう。
[PR]



by imasu6 | 2010-08-11 16:05 | ペット

なんてことない、ダラダラ綴り
by imasu6
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ダラダラ
クタクタ
シャキシャキ
ブチブチ
絶滅危惧種
絶滅種
ペット
新種
未分類

フォロー中のブログ

ブログパーツ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧