吾輩は亀である

テイオウオオヒラタクワガタ “フィリピン カタンドゥアネス産”

b0052564_2321573.jpg


ヒラタクワガタの中でもパラワンオオヒラタに次いで大きくなる種です。大アゴの内歯は上部に付き、つや消しのボディとパラワンオオヒラタより太い体が迫力満点で、まさしく帝王の名にふさわしいといえるでしょう。ルソン島東部から得られる個体には内歯が下部に付くものも見られ、体もやや細身な特徴を持ちます。カタンドゥアネス島のものは内歯が上部に付く形状を持ち、太い体幅が特徴的です。小さく、孤立したカタンドゥアネス島ではこの形質が安定していることから、本種のみを指してテイオウヒラタと呼ばれることもあります。



ヒラタクワガタの仲間はオスの気が荒くメスが殺されてしまうことがあるため、交尾時以外はオスとメスを分けて飼育すると良いでしょう。冬場の低温には弱いので温度管理が必要です。
[PR]



by imasu6 | 2010-08-26 23:23 | ペット

なんてことない、ダラダラ綴り
by imasu6
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ダラダラ
クタクタ
シャキシャキ
ブチブチ
絶滅危惧種
絶滅種
ペット
新種
未分類

フォロー中のブログ

ブログパーツ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧