吾輩は亀である

アマミノコギリクワガタ “鹿児島県奄美大島産”

b0052564_21374086.jpg


国産のノコギリクワガタで最も大きくなる種です。ツヤのある漆黒の体色が特徴的で、頭盾が細長く先端が分かれる点で本土ノコギリと区別がつきます。本土ノコギリに比べて体は太く、長歯型の個体では大きく湾曲した大アゴで、国内のクワガタでも圧倒的な迫力をもちます。奄美大島産の個体はほぼ全て黒色の体色となりますが、請島与路島産のものは赤~黒の体色が見られます。本種を基亜種とした離島産のノコギリクワガタは総じてリュウキュウノコギリとも呼ばれ、他にもトカラノコギリ、トクノシマノコギリ、オキノエラブノコギリ、オキナワノコギリ、クメジマノコギリが知られています。
[PR]



by imasu6 | 2010-08-30 21:38 | ペット

なんてことない、ダラダラ綴り
by imasu6
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ダラダラ
クタクタ
シャキシャキ
ブチブチ
絶滅危惧種
絶滅種
ペット
新種
未分類

フォロー中のブログ

ブログパーツ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧