吾輩は亀である

ミカルドキンイロクワガタ “オーストラリア バース近郊産” サイズフリー

b0052564_23134817.jpg


パプアキンイロクワガタと同属のキンイロクワガタです。タスマニアに比較的似た姿をしていますが、タスマニアのように前脚の符節付け根に扇状の突起がなく、槍状にとがります。本種のオスにはパープル系統とゴールド系統の2タイプが見られ、メスは濃いグリーンから紺色の1系統が知られています。羽化後の休眠期が長く、繁殖まで半年から長くて1年寝かせる必要があります。



小型で大アゴのはさむ力が弱いため多頭飼育も可能です。小型種であるためエサゼリーの消費量も少なく経済的な種ともいえます。
[PR]



by imasu6 | 2010-10-16 23:15 | ペット

なんてことない、ダラダラ綴り
by imasu6
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ダラダラ
クタクタ
シャキシャキ
ブチブチ
絶滅危惧種
絶滅種
ペット
新種
未分類

フォロー中のブログ

ブログパーツ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧