吾輩は亀である

幻の鳥、140年ぶりタイで確認 DNA検査で特定

b0052564_14355111.jpg


標本が1体しか知られておらず、存在すら疑われていた珍鳥オオハシヨシキリが、およそ140年ぶりにタイで見つかり、その後、英国で新たな標本も見つかった。英国の鳥類保護団体バードライフインターナショナルが7日発表し、「主要な生息地はどこか、絶滅の危機にあるのかなどを、まず調べる必要がある」とコメントした。

 オオハシヨシキリはヨシキリの仲間で、1867年にインドで採集された1羽しか知られていなかった。そのため、最近DNAが調べられるまで、標本はほかのヨシキリと同じ種類で、たまたま変わった外見をした個体なのでは、という見方もあった。

 ところが、昨年3月にタイの大学助教授らがバンコク近くで、長いくちばしと短い羽根を持ったヨシキリの仲間を捕らえた。そのDNAを検査したところ、オオハシヨシキリと特定できた。助教授は「まるで生きたドードー(絶滅した鳥)のように思えた」という。

 さらに6カ月後、今度は19世紀にインドで採集された別の標本が英国の博物館で発見された。これもDNAからオオハシヨシキリとわかった。
[PR]



by imasu6 | 2007-03-11 14:36 | 絶滅危惧種

なんてことない、ダラダラ綴り
by imasu6
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ダラダラ
クタクタ
シャキシャキ
ブチブチ
絶滅危惧種
絶滅種
ペット
新種
未分類

フォロー中のブログ

ブログパーツ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧