吾輩は亀である

カテゴリ:ブチブチ( 56 )




ヒメジャコガイ メタリックグリーン

b0052564_11573310.jpg


外套膜が鮮やかなメタリックグリーンのタイプです。
[PR]



by imasu6 | 2010-10-29 11:59 | ブチブチ

コウモリの超音波、周波数変え衝突回避 同大教授ら共同研究

コウモリの中に、障害物の多い森などで超音波周波数帯域を発信ごとに変えて衝突回避している種類がいることが、同志社大生命医科学部の力丸裕教授や飛龍志津子助教、米ブラウン大の共同研究で分かった。超音波の周波数を変えて自分の反射音同士の混信を防ぎ、いつ発した音なのかを聞き分けて、周囲の状況を正確につかんでいるという。

 コウモリやイルカは頭部から超音波を発して、反射音で対象物の位置や大きさを認識している。自分の周りにいろいろな物があるときは、複数の対象物からの反射音を聞き分けなければいけない。

 研究グループは、米国のオオクビワコウモリを使い、天井から数センチ間隔で鎖をぶら下げて障害物にした部屋で飛ばして実験した。

 コウモリの超音波の周波数を調べると、連続して発信する際は、2~3ミリ秒ミリは1000分の1)という極めて短い超音波の周波数を少しずつずらしていた。各回の反射音を聞き分けることで、障害物の位置などを正確につかんでいるとみられる。

 日本に広く生息するアブラコウモリも同じような鳴き方をしており、同様のメカニズムで対象物を把握している可能性が高い。

 力丸教授は「動物に、周波数帯域を変えて混信を防ぐ超音波探知装置(生物ソナー)があることが初めて分かった。ほかの種類のコウモリでも調べたい」としている。

 研究グループは米国科学アカデミー紀要で研究成果を発表した。
[PR]



by imasu6 | 2010-04-10 19:23 | ブチブチ

アオコから高効率抽出…従来の70倍に成功

湖や池の水面を埋めるアオコから、簡単に安くバイオ燃料を生み出す新技術の開発に、電力中央研究所エネルギー技術研究所(神奈川県横須賀市)が成功した。従来の方法より約70倍も生産性が高く、製造時の環境影響も少ないという。東大阪市で開かれる日本化学会で29日発表し、水の浄化と地球温暖化対策の一石二鳥になる「緑の原油」として数年後の実用化を目指す。



 同研究所の神田英輝主任研究員は、スプレーの噴射ガスに使われる無害な溶剤ジメチルエーテルを20度で5気圧に加圧して液化し、アオコと混ぜ合わせる方法を考案。溶剤の性質からアオコに自然に染み込み、乾燥・粉砕して細胞組織を壊さなくても、油分を溶かし出せることを確認した。溶剤は減圧すれば蒸発するため分離・回収も簡単で、製造過程のエネルギー使用も激減するという。



 京都市内の池のアオコを使った実験では、従来の方法ではアオコの乾燥重量の0.6%相当しか油分を抽出できなかったのに対し、新技術では約70倍の40%相当が抽出できた。



 神田研究員は「6000種類以上の化学物質を調べて唯一目的にかなうのがジメチルエーテルだった。今後、大規模実験を行い、実用化を急ぎたい」と話す。
[PR]



by imasu6 | 2010-03-21 13:55 | ブチブチ

イヌの祖先は「中東のオオカミ」

現代のイヌの祖先は、これまで考えられていたように欧州やアジアオオカミではなく、中東に生息していたオオカミだとする論文が、17日の英科学誌ネイチャーNature)に発表された。



 米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(University of California at Los Angeles、UCLA)の研究チームは、85犬種900匹以上のイヌと、北米、欧州、中東、東アジアに生息する200頭の野生ハイイロオオカミについて、遺伝情報を解析した。



 その結果、イヌ遺伝子の系譜の根元は中東にあることが明らかになった。これは、中東で発掘された1万3000年前のイヌの化石の分析結果と符合するという。 



 また、イヌのゲノム多様性の源は中東に生息するハイイロオオカミにあることもわかった。ただし、進化の初期の段階で、中東以外の場所でもオオカミとの交配が行われたことは明らかだという。



 考古学者らは、長らく、イヌを飼うという習慣は、現在のイラクにある「肥沃な三日月地帯」で、古代の農民や村人たちが家畜や家を守るために使用したのが始まりだと考えてきた。



 実際、中東にある古代の墓地からはイヌの骨が見つかっており、女性の腕の中で丸まっている子犬のものもあったという。
[PR]



by imasu6 | 2010-03-21 02:10 | ブチブチ

南湖を巡回、外来魚を卵から駆除 産卵場マップを作製

b0052564_1452122.jpg


滋賀県は、琵琶湖・南湖を巡回して外来魚の産卵場を発見し、卵が産み付けられた産卵床を壊す事業に新年度着手する。駆除はこれまで成魚の捕獲が中心で、卵に着目したのは初めて。巡回記録をもとに外来魚が産卵を好む適地をまとめた産卵場マップも作製する。

 巡回するのは、県の緊急雇用対策で雇う5人でつくるパトロール隊で、南湖を約1週間かけて1周するペースで産卵床を探し、上から砂利や砂をかぶせるなどして壊す。

 外来魚のブラックバスブルーギルは、尾ひれで砂利地に直径約30~5センチの穴を掘って産卵床をつくり、4万~5千個の卵を産み付ける。人力で行う今回の事業は、産卵が湖岸近くの水深1メートルに満たない浅瀬で行われる習性を利用する。

 壊された産卵床には酸素を含んだ水が行き届かなくなり、卵が死滅するという。産卵床を守るオスの親魚も捕獲し、生き残った卵も在来魚に食べられるようにする。産卵床の穴を埋め、新たな産卵床としての再利用も防ぐ。

 巡回は、産卵期間にあたる4月中旬から9月まで。ブルーギルが集団でつくる複数の産卵床「コロニー」や、巡回で得られた場所や数の記録をもとにして産卵場マップを作る。産卵条件に関わる水温や水の透明度も記録し、効果的な駆除に役立てる。

 調査事業として、新年度当初予算案に約900万円を盛り込んだ。効果が出れば北湖でも実施を検討する。県水産課は「稚魚に成長するまでに手を打ち、産卵床を繰り返し壊すことで、少しでも外来魚を減らしたい」としている。
[PR]



by imasu6 | 2010-03-07 14:06 | ブチブチ

シーシェパード、日本船に“ワニの卵”投げる

反捕鯨団体を標榜するシーシェパードは16日、日本の調査捕鯨船「日進丸」に、多くの“ワニの卵”を投げつけたと発表した。「本物ではない」と説明した上で「日本人は動物虐待としてシーシェパードを訴えようとするだろう」などと主張した。このところ過激な行動が目立つシーシェパードだが、支援者向けにイメージを向上させる「ビジネス目当て」の可能性がある。



 声明文は「われわれは、作戦にユーモアを盛り込むことが好きだ本日は、それを実施した」と紹介。“ワニの卵”は1個50ドル(約4500円)で、シーシェパードの支援者が数ダースを用意した。外側には抗議文が書かれ、落下するとワニの人形がふくらんで出てくる仕掛けという。



 声明文は「もちろん、本物ではない」と説明し、「日本人は動物虐待としてシーシェパードを訴えるだろう。やつらは、現実とフィクションの違いを分かろうとしないからだ」などと主張した。



 シーシェパードによると“ワニの卵”の攻撃は大成功。「日本側は放水したが、卵が割れて、ふくらんだワニの人形が日進丸のデッキに転がることになった」と、自慢げに紹介した。



 シーシェパードは寄付金やパーティーなどで資金を稼いでいる。声明文に「われわれはユーモアを好む」、「ワニの卵は50ドルで、支援者が用意した」などとあることから、奇抜な行動で人目を引き、相手側にも死傷者が出ない攻撃とアピールすることで、イメージの向上を資金集めに結びつけようとの「ビジネス目的」の行為だった可能性がある。
[PR]



by imasu6 | 2010-02-17 13:47 | ブチブチ

コウモリは酒に酔ってもちゃんと飛ぶ

b0052564_13354419.jpg


コウモリは酒に酔っても何の問題もなく飛べるという最新の研究が発表された。中南米に生息する熱帯性コウモリは、常食とする発酵した果物や果汁に含まれるアルコール分に酔っても、生まれつき備わった“音波探知装置”を使ってしらふの時と同じように飛べるという。人間でいえば、法定血中アルコール濃度を超えても車の運転に支障がないようなものだ。



「中には酒に弱い種もあるはずだと大いに期待してこの研究を始めたんだが、残念ながらコウモリは私たちの研究計画書を読んでくれなかったようだ」と、この研究の共著者でカナダにあるウェスタンオンタリオ大学生物学者ブロックフェントン氏は冗談めかして言う。



 フェントン氏の研究チームは2009年4月、中米ベリーズ北部でコウモリ6種、合計106匹を捕獲し、砂糖水と、酒類の主成分で酒酔いを引き起こすエタノールとのどちらかを与えた。与える量は個体の体重に合わせて調節した。さらに唾液を採取して血中アルコール濃度(BAC)を測定した。その結果、中には BACが0.3%を上回ったものもいた。ちなみに、BACが0.08%以上ならばアメリカの50州すべてで飲酒運転の罪に問われる。



 次に林床を囲い、その中に障害物のあるコースを作ってコウモリを放した。フェントン氏は一般的な飲酒運転の検査に例えて、「直線上を真っすぐに歩けるかどうか検査するようなもの」と話す。ただしコウモリの場合は、吊るしたプラスチックの鎖に衝突せずに通り抜ければ合格である。



 また、コウモリが発する音波を記録し、「呂律が回らなくなっていないか」も調べた。コウモリは、自分が発した音波の反響で周囲の物体を感知して、獲物を捕らえたり障害物に衝突せずに飛行したりする。これをエコロケーション反響定位)という。



 驚いたことに、ほろ酔い気分のはずのコウモリはどちらの検査にも完璧に合格した。



 さらに、コウモリの種類によって血中アルコール濃度が異なることもわかった。これはアルコール耐性に幅があることを示している。フェントン氏はこうした差を人間に例えて、「コルク栓のにおいを嗅ぐだけで酔ってしまう下戸もいれば、ボトルを2~3本飲み干しても酔ったそぶりを見せない酒豪もいる」と表現する。



 また、人間と同様にコウモリのアルコール耐性はアルコール摂取の頻度と量に一部左右される可能性がある。



 例えばフェントン氏によると、イスラエルで過去に行われた実験では、アルコールを摂取したエジプトルーセットオオコウモリは南北アメリカ大陸のコウモリよりも障害物に衝突する回数が多かったという。南北アメリカ大陸のコウモリがオオコウモリ科のコウモリよりアルコールに強いのは、日頃から発酵した食物をより多く摂取しているからかもしれない。



 南北アメリカ大陸のコウモリはアルコール耐性が高いために他の動物が食べられない果物を食べることができ、進化において優位に立った可能性があるとフェントン氏は付け加える。中南米に生息するコウモリの種類がその他の地域に比べて非常に多様であることもアルコール耐性で説明できる可能性もある。



 今後は、「アルコール飲料を販売する会社の後援を得て研究を深めたい」とフェントン氏は考えている。コウモリマークのバカルディだろうか?
[PR]



by imasu6 | 2010-02-11 13:36 | ブチブチ

インコが「梅の話」語る

和歌山県みなべ町本庄日用雑貨店を営む佐々真澄さん(53)が飼っている、雄のインコピーちゃん」が話す昔話風の「梅の話」が話題になっている。佐々木さんが創作した話で、梅の需要が低迷している時期だけに、明るい話題として近所の人らを楽しませている。

 佐々木さんがインコを飼い始めたのは2005年。いま飼っているピーちゃんは4羽目になる。ピーちゃんは佐々木さんの話を特に熱心に聞き、物覚えがよいという。

 ピーちゃんを飼い始めたのは昨年5月。まだ産毛が残るひなだった。梅の話を教え始めたのは9月ごろからで、佐々木さんが語り始めると、口元をじっと見つめ、集中して聞くという。

 話は「昔、昔、おじいさん、おばあさんがいました。おじいさんは山へ梅を採りに行きました。おばあさんは庭で梅を干しました。みなべの立派な梅干しができました」という内容。今年に入り、ほぼ全部言えるようになったが、時々「おじいさんは庭で梅を採りました。おばあさんは山で梅を干しました」などと間違えるという。

 佐々木さんは「あと少しで完ぺきに覚えるところまできた。集中力があり、勉強熱心」と感心している。

 近所の人たちが集う佐々木さんの雑貨店で、ピーちゃんは人気者。農家の人たちは「景気低迷で重苦しい空気が漂う中で、ピーちゃんがみなべの梅を応援してくれているようだ」「ピーちゃんから元気をもらっている」などと話している。
b0052564_13202729.jpg

[PR]



by imasu6 | 2010-01-21 13:20 | ブチブチ

犬種の特徴、遺伝子解析

 ダックスフントビーグルなど10犬種のDNAを米ワシントン大(シアトル)などの研究チームが12日までに解析し、体の大きさや毛の長さなどの特徴に関連があるとみられる領域を155カ所特定した。毛皮にしわがたくさんある「シャーペイ」では、「HAS2」と呼ばれる遺伝子が関与していることが分かった。

 さまざまな遺伝子や関連領域の変異が、どのような影響となって表れるかを研究することは、人間の遺伝疾患の解明にも役立つという。論文は米科学アカデミー紀要電子版に掲載される。 
[PR]



by imasu6 | 2010-01-13 12:57 | ブチブチ

まるでイチゴ!台湾で新種のカニが発見される

b0052564_1653745.jpg


チャイナネットによると、台湾の南海岸で背が赤く小さな白色の斑点が分布している、まるで大きなイチゴのような新種の蟹が発見された。
[PR]



by imasu6 | 2010-01-09 16:08 | ブチブチ

なんてことない、ダラダラ綴り
by imasu6
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ダラダラ
クタクタ
シャキシャキ
ブチブチ
絶滅危惧種
絶滅種
ペット
新種
未分類

フォロー中のブログ

ブログパーツ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧