吾輩は亀である

カテゴリ:ペット( 261 )




シノドンティスsp.“ギニア”

b0052564_7172189.jpg


ギニア原産のシノドンティス属ナマズです。茶褐色の体色をに不規則に入る模様美しい種です。飼育は容易エサアカムシなどの生餌を好みます。性格は同種間では争いますが、口に入らないサイズの種であれば混泳も可能です。口に入るサイズの魚は捕食されてしまうので注意が必要です。移動の際は網ですくうと棘が引っかかるので、小さな器などですくってあげるとよいでしょう。
[PR]



by imasu6 | 2010-12-01 07:18 | ペット

コペラ・アーノルディ

b0052564_7151372.jpg


ブラジル北東部原産のコペラの仲間です。コペラの代表的種で、流通の少ないの他のコペラに比べ、単独便も比較的よく見られ、ペンシルフィッシュや他のコペラに混じることも多いです。スレンダーな体型と背ビレのピンク、目のバンドが特徴的で、体色は地味な種ですが、成長したオスは各ヒレが伸びて美しい姿となります。飼育は容易で同程度のサイズなら温和で混泳にも向いています。水上の葉に卵を産む特異な産卵形態が有名で、水槽内での再現は難しいものの成功例も知られています。
[PR]



by imasu6 | 2010-12-01 07:16 | ペット

ナノストムス・エスペイ(ワイルド)

b0052564_831430.jpg


ギアナ原産の小型のペンシルフィッシュです。シックな色彩と黒いスポットが特徴的な種です。赤い色彩とライン模様を持つものが多いペンシルフィッシュの中でも、独特の模様と色彩から人気の種で、エレガントとも言える上品な美しさを持ちます。以前は輸入量が少なく、次の輸入まで数年かかることからオリンピックフィッシュとも呼ばれ、その希少性の高さも魅力のひとつでした。現在では輸入量も増え比較的目にする機会は増えましたが、依然コンスタントに見られる種ではなく、まだまだ希少性が高いといえます。飼育は容易で、スリーラインペンシル等に比べ温和です。他のペンシルフィッシュ同様に口が小さいのでエサ注意が必要です。
[PR]



by imasu6 | 2010-11-29 08:32 | ペット

シノドンティスsp.“ギニア”

b0052564_8283735.jpg


ギニア原産のシノドンティス属ナマズです。茶褐色の体色をに不規則に入る模様美しい種です。飼育は容易エサアカムシなどの生餌を好みます。性格は同種間では争いますが、口に入らないサイズの種であれば混泳も可能です。口に入るサイズの魚は捕食されてしまうので注意が必要です。移動の際は網ですくうと棘が引っかかるので、小さな器などですくってあげるとよいでしょう。
[PR]



by imasu6 | 2010-11-29 08:30 | ペット

レッドテール・キャット“ベビー”

b0052564_7444942.jpg


ブラジルアマゾン川原産のナマズの仲間です。大型ナマズの代表的種として、TVCMに登場したことから古くから人気の種です。ナマズらしい大きな口に長いヒゲ、愛嬌のある目が魅力的で、幼魚のうちは白い尾ビレも成長と共に赤くなり、まさにレッドテールになります。飼育者にも良く慣れ、飼育が容易なことから大型ナマズの入門種として優れる一方、大型になる種なので十分な計画性を持った飼育が必要になります。
[PR]



by imasu6 | 2010-11-28 07:45 | ペット

アップルヘッド・グラスパーチ

b0052564_7411585.jpg


ミャンマータイ原産のグラスフィッシュです。非常にユニークな頭部の大きなトサカが特徴的な種で、グラスフィッシュの仲間でもやや大きくなります。グラスフィッシュの中でも体はそれほど透明ではありませんが、ギラギラと輝く体側の美しさも本種の魅力のひとつです。飼育は容易で、生餌を好みますが人工飼料でも問題なく、純淡水で飼育可能です。成熟と共に同種間で若干の小競り合いを行いますが特に問題はなく、サイズが同程度なら混泳も問題ありません。
[PR]



by imasu6 | 2010-11-28 07:43 | ペット

バジェットガエル オタマジャクシ

b0052564_8201180.jpg


南米に広く分布するユビナガガエル科(Leptodactylidae)のバジェットガエルオタマジャクシです。本種のオタマジャクシは頭部が異常に大きく、また頭部の後ろには垂れ状の皮膚が見られます。バジェットガエルは一度に1000個以上もの卵を産み、他のオタマジャクシを共食いしながら成長する特徴があるため、非常に大きな口を持つようになったと言われています。
[PR]



by imasu6 | 2010-11-27 08:21 | ペット

ミツヅノコノハガエル

b0052564_8181342.jpg


東南アジアに生息するコノハガエル科(Megophryidae)の仲間です。名前の通り鼻先の吻端(フンタン)及び眼の上部に著しいツノ状の突起が見られ、体色は落ち葉の色と同系色の色をしています。オスとメスサイズに差があり、成長してもオスは10cm程度ですが、メスは16cm程度にもなります。



同じコノハガエル科のヤマコノハガエルの亜種とされていましたが、現在では別種として扱われています。かつては輸送技術が低かった為状態の良い個体を手に入れるのは困難でしたが、現在は輸送技術も向上しスレの少ない良い個体を手に入れることが出来るようになりました。一度落ち着けば丈夫な種類で、独特の形から人気の高い種類です。
[PR]



by imasu6 | 2010-11-27 08:19 | ペット

マッドパピー

b0052564_81236.jpg


北米大陸に生息するホライモリ科(Necturus)の仲間です。ウーパールーパーのように幼形成熟ネオテニー)するのが特徴の種類で、大きな3対の外鰓と本の足、大きな頭を持ちます。サンショウウオの仲間としては珍しく水中で鳴き声を発することが出来、この鳴き声がイヌの鳴き声に似ているということから別名「ウォータードッグ」とも呼ばれています。また、タイガーサラマンダーの幼生もウォータードッグと呼ばれていますが、本来はマッドパピーのことを示す名称です。



現地では水温が低く水質のきれいな河川や沼などに生息しており、流木や岩などに隠れて生活しています。ペットしての流通は古くからありますが、近年流通量が減少し珍しい種類となってしまいました。飼育はやや難しく、清冷な環境を用意するようにしましょう。
[PR]



by imasu6 | 2010-11-27 08:13 | ペット

アロークラブ

b0052564_20384291.jpg


体の何倍もある長い脚、名前の由来である矢のように突き出た頭部が特徴のカニです。

飼育は容易で水槽内に発生したウミケムシを食べてくれるようです。

同種間での飼育及び小さな甲殻類は襲う可能性がありますので混泳の際は注意が必要です。
[PR]



by imasu6 | 2010-11-24 20:39 | ペット

なんてことない、ダラダラ綴り
by imasu6
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ダラダラ
クタクタ
シャキシャキ
ブチブチ
絶滅危惧種
絶滅種
ペット
新種
未分類

フォロー中のブログ

ブログパーツ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧