吾輩は亀である

<   2004年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧




鯉が琵琶湖を救う

b0052564_1244193.jpg

コイが琵琶湖の水質浄化に貢献していることを実験で明らかにした。コイは、湖底をついばんで、泥をかき混ぜるため水質改善に役立つと言われてきたが、実験で裏付けたのは初めて。
やったぞ鯉。
[PR]



by imasu6 | 2004-12-30 12:44 | ダラダラ

健康法

健康法:「ドラえもん」のジャイアンの声、四半世紀…たてかべ和也さんに聞く

ジャイアンの声優さんも70歳、役柄は小学5年生11歳コレを25年。
鉄人です。
その秘訣が気になったので、載せてみました。

人気テレビアニメ「ドラえもん」(テレビ朝日)で、79年以来、25年間務めた主な声優陣が来春、交代する。レギュラー5人の中で最年長は、ジャイアン役のたてかべ和也さん(70)。古希までの四半世紀、小学5年生役を続けるための健康への配慮と、ジャイアンへの思いを聞いた。【遠藤和行】

 ◇激しい喜怒哀楽、体に良かった

 --高齢化が交代の理由だとか

 ◆ いいえ、違います。僕だけでなくレギュラー5人(ほかにドラえもん、のび太、しずか、スネ夫役)とも、やれって言われればどこまでもやっちゃうと思うんです。だいたい70歳という実感がありませんし、声優に定年はありませんから。ただドラえもんが永遠であるなら、この辺りで新しいスタッフ、キャストでやっていくのが一番いい時期なのだと思います。

 --ドラえもんの録音だけでも2週間に1度のペース。体が丈夫でないと続けられません

 ◆ 僕は一度も入院したことはないし、大病もしていません。子どものころは、ちょうどジャイアンと同じ小学5年生の時に終戦で、疎開先の長野県から東京に帰ってきました。当時は食べ物が少なく、何でも食べたので、今でも好き嫌いはありません。そして、一人っ子だったこともあり母が食べ物にとても気を使ってくれて、丈夫に育ったのだと思います。

 この四半世紀はジャイアンに感謝です。彼は、5年生であの大きな体。性格は非常に喜怒哀楽が激しくて自分勝手です。それに合わせて声を出すのは、ものすごくエネルギーがいるんです。例えば、「おれのものはおれのもの、お前のものはおれのもの……な!」や、「ガハハハハ」と派手に、そして大きく「ウワーン」と泣く。これは血液の循環にいいですよ。ストレスも吹っ飛ぶ。声を出すということは、非常に体にいいんだな、って思います。

 ◇過保護にしない

 --のどへの配慮は

 ◆のどを維持するには私の場合、過保護にしないことです。例えば外から帰っても、うがいをしない。

 食生活は確かに肉類より魚類が多くなりましたが、バランスを取っています。たばこは1日20本ぐらい、お酒も週6日ぐらい飲みます。強いての健康法といえば、毎朝、お風呂に入って、水のシャワーを浴びます。体も気持ちもしゃきっとするんです。

 --新ジャイアンはどんな人がふさわしいと

 ◆ 僕が選考に加わるわけではありませんが、気持ちがやさしい人ならいいと思います。ジャイアンと同じ性格の人では、生々しくなって、彼の優しさや悲しさ、うれしさを表現できないのではと思うのです。僕自身も子どものころはむしろ、のび太のような泣き虫で勉強ぎらいでしたから。

 --最後はどんなセリフに

 ◆まだ分かりません。台本はいつも録音の当日に渡されますし、最後の録音は来年の3月上旬になります。

 僕の好きなセリフは、まず「まてー、のび太」というガキ大将の姿。気持ちがいいです。「ジャイ子、にいちゃんはな、お前のことを本当に心配しているんだぞ」という妹思いの一面も。そして耳を引っ張られながら「かあちゃん、かんべんしてよ」と泣きべそをかく様子も彼らしい。こういう長く人気のある役にめぐり合えてとても幸せです。最後の録音の日に足掛け26年を振り返って、果たしてどんな気持ちになるのか。もしかしたら、泣いてしまうかもしれません。
[PR]



by imasu6 | 2004-12-29 14:11 | シャキシャキ

ツシマヤマネコ

b0052564_13492963.jpg

長崎県対馬市の環境省対馬野生生物保護センターの通路で今月中旬、国天然記念物のツシマヤマネコのオスがいるのを職員が見つけ、保護した。

 深夜から未明に、建物のすき間から侵入したが、出られなくなってしまったらしい。必死に脱出を試みたのか、つめ跡やかじった跡が木製の壁に残っていた。

 普通は体重が3~4キロだが、このオスは約5キロ。肥満体が脱出を妨げたらしい。センターは「野生で生き抜いてきたんだから」と、ダイエットをさせずに返した。

肥満が原因ってところがミソ。
冬に向けて、脂肪を蓄えていたんだろうが山猫らしからぬ出来事に顔もほころびます。
[PR]



by imasu6 | 2004-12-23 13:51 | クタクタ

生息域拡大

生息区域の割合は▽ニホンジカ42%(前回78年度調査では24%)▽カモシカ29%(同17%)▽ニホンザル20%(同13%)▽ツキノワグマ(北海道除く)34%(同28%)▽ヒグマ(北海道のみ)55%(同48%)▽イノシシ39%(同30%)▽キツネ67%(同58%)▽タヌキ66%(同59%) 。
かなり、野生生物が人との生活圏とかぶってきています。
うまく共存できれば楽しいのになとおもちょります。
[PR]



by imasu6 | 2004-12-11 12:03 | クタクタ

イモ掘り出したら鳥だった

b0052564_11342225.jpg

ご覧のとうり、出オチです。
すいません。
[PR]



by imasu6 | 2004-12-02 11:40 | ダラダラ

なんてことない、ダラダラ綴り
by imasu6
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ダラダラ
クタクタ
シャキシャキ
ブチブチ
絶滅危惧種
絶滅種
ペット
新種
未分類

フォロー中のブログ

ブログパーツ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧