吾輩は亀である

<   2005年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧




プーリー

b0052564_18535670.jpg


モップ犬 プーリー
プーリーはハンガリーに於ける牧羊犬、家畜追い犬の代表的な犬種で、犬種名の「プーリー」はハンガリー語で「リーダー」の意。
プーリーはコモンドールと同様1000年以上前に中近東の遊牧民によってハンガリーに持ち込まれた。
コモンドールとプーリーは縄状の被毛や体形が似ているが、性質はかなり異なっている。
プーリーの方が作業意欲旺盛でテリアの気質も兼ね備えており、牧羊犬としての性能は高い。
プーリーは毛色や毛質を除けばチベタン・テリアとの類似点が多く、プーリーの始祖がチベタン・テリアであった可能性は高いと言われる。
プーリーは水中での活動を得意とし、とりわけリトリバーとしての性能が高い。
性能的にも体形的にも、プーリーがプードルの祖先にあたると言う説も信憑性が高い。
牧羊犬としてのプーリーは、群れから離れた羊を見つけると羊の背に飛び乗り、背を引っ掻いたり首筋を噛み、方向をコントロールして群れに戻すなど多才な犬である。
[PR]



by imasu6 | 2005-11-28 18:54 | クタクタ

ハブ

b0052564_1625257.jpg


過去最大級のハブを公開・・・。
225センチとまあ大きなハブだこと、ギネスに申請してるとかなんとか
コラたまげます。
[PR]



by imasu6 | 2005-11-26 16:05 | ダラダラ

イタリアン・グレーハウンド

b0052564_1022518.jpg


イタリアン・グレーハウンドはグレーハウンドを小型に改良した犬種であると言われ、グレーハウンド系犬種の中で最も小型である。
グレーハウンド系ではあるが、ドッグレースや猟に使われる事がなかったため、トイ・グループに分類される。
グレーハウンドが小型に改良された正確な時期は不明だが、古代エジプトの墳墓から、グレーハウンドとともにイタリアン・グレーハウンドと思われるミイ ラが発見されている。
紀元前のローマやギリシャで貴婦人のペットとして飼育されていた事は当時の遺物によって明らかである。
イタリア、ポンペイの遺跡から鎖に繋がれたこの犬の化石が発見されており、当時から一般に飼育されていた事がうかがえる。
イタリアン・グレーハウンドは「イタリア・ルネッサンスの誇り」と言われる犬種で、16世紀のイタリアを中心とする南ヨーロッパ、トルコで絶大な人気を集めていた。
[PR]



by imasu6 | 2005-11-22 10:03 | クタクタ

バセット・ハウンド

b0052564_1683715.jpg


胴長、短足、垂れ下がった大きな耳がユーモラスな雰囲気を与えるフランスを原産とする中型犬である。
フランスの修道院の僧がブラッド・ハウンドを含む複数の犬種をもとに、背が低く歩行速度の遅い犬種を作出したのが当犬種の始まりだとされている。
古くから貴族的な犬として知られており、特にフランス、ベルギーなどヨーロッパの国々で王族の庇護を受け、数世紀に渡り繁栄を続けて来た。
バセット・ハウンドは短い肢や密生した被毛に守られ、茂みの中でも自由に動く事ができ山野の猟に適している。
嗅覚が発達しており、嗅跡の追跡能力ではブラッド・ハウンドに次ぐと言われる。
頭部が大きく短足であるため、鼻は地面近くに保持される事になり結果的に嗅覚が向上する。
長く垂れた耳は、風の強い時や湿度の高い時に地面の臭いを嗅ぐのに有効に働くと言われている。
[PR]



by imasu6 | 2005-11-20 16:09 | ダラダラ

ファラオ・ハウンド

b0052564_1645480.jpg


最も古くから家畜化されている犬の一つで、その歴史は紀元前3000年までさかのぼると考えられている。
保存されるエジプト文明の中にファラオ・ハウンドと似た体形の犬の絵画が発見されている。
この犬種の体形に近い遺骨が5000年前の中東の遺跡で発掘されている。
大陸から孤立した島で純粋性が永年保たれて来た犬種である。
賢く友好的で愛情深い、機敏、活発。
[PR]



by imasu6 | 2005-11-20 16:05 | ダラダラ

グレー・ハウンド

b0052564_15593369.jpg


グレー・ハウンドは全犬種の中で最も足が速く、時速60km以上のスピードを誇り、その歩幅は5.4mに達する。
16世紀にイギリスでウサギを追う競技が始まり、グレー・ハウンドが使用されて以降、グレー・ハウンドはドッグレースに欠くことのできない犬種となって行く。
同じ頃、グレー・ハウンドはスペイン人探検家の手によりマスティフとともにアメリカ大陸に渡っている。
アメリカでは機械仕掛けのおとりが発明され、グレー・ハウンドによるドッグレースがますます盛んになって現在に至っている。
近年、世界的に動物愛護の気運が高まり、ドッグレースを引退した(見捨てられた)グレー・ハウンドを終生飼育するボランティアを捜す活動が国境を越えて行われている。
[PR]



by imasu6 | 2005-11-20 16:00 | シャキシャキ

アフガン・ハウンド

b0052564_15561322.jpg


きわめて古い歴史をもつ犬種で「ノアの方舟」に乗ったのはこの犬種だと言う伝説すらある。                
アフガニスタンは紀元前5000年頃、古代エジプトの支配下にあったが、すでにこの頃、アフガニスタンから北部インド一帯に、この犬種の始祖犬と言える地犬が存在したと言われている。     
1881年、アフガニスタンがイギリスの植民地になった当時、アフガン・ハウンドは一部貴族が独占的に飼育する猟犬であった。
アフガン・ハウンドはバルキーと呼ばれる一時期があったが、この犬種を独占していたバルクジーと言う貴族の名に由来する。
当時のアフガン・ハウンドの猟性能は他犬種の及ばぬもので、起伏の多い原野で2頭が1組となり、鹿や肉食獣を追いつめるスピードを持っていたと言われる。
[PR]



by imasu6 | 2005-11-20 15:56 | クタクタ

アイリッシュ・ウルフハウンド

b0052564_1551818.jpg


アイルランドの国犬として名高いアイリッシュ・ウルフハウンドは、系統的にはグレーハウンド系に属す全犬種中最大の体高を持つ犬である。
紀元400年頃のローマで知られていたと言う記録があるが、その後の経緯について信頼できるものはなく、中世以降にはヨーロッパを始めとする各国に流出し、1652年クロムウェルによってウルフハウンドの輸出が禁止された記録が残っている。
[PR]



by imasu6 | 2005-11-20 15:52 | シャキシャキ

ガラパゴスゾウガメ

b0052564_13283715.jpg

175歳おめでとう。
チャールズ・ダーウィンに会ったこととがあるかもしれないすんごい亀。
出来るだけ長生きしてほしいものです。
[PR]



by imasu6 | 2005-11-16 13:30 | クタクタ

ブリュッセル・グリフォン

b0052564_12395293.jpg


オーストラリアン・テリアとヨークシャー・テリアの混血により産出され、この二つの最も良い特質を多く受け継いだ犬だと言われる。
純粋な「トイ・テリア」である。動作敏捷、好奇心旺盛、親しみやすい。絹糸状の直毛で光沢のある美しい被毛を持つ。
下毛はない。
逞しくはないが骨格は充分しっかりとしている。
適度に低い身構えで体高よりわずかに体長の方が長い。
歩様は伸び伸びとしており軽い足取りで流れるように進む。

と難しい解説ですが・・・。

おっさんみたいな顔の犬です。
[PR]



by imasu6 | 2005-11-16 12:40 | シャキシャキ

なんてことない、ダラダラ綴り
by imasu6
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ダラダラ
クタクタ
シャキシャキ
ブチブチ
絶滅危惧種
絶滅種
ペット
新種
未分類

フォロー中のブログ

ブログパーツ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧