吾輩は亀である

<   2006年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧




シーラカンス

b0052564_19343215.jpg


海洋科学館「アクアマリンふくしま」(福島県)がインドネシア近海で「生きた化石」といわれる深海魚シーラカンスを撮影。「魚の形やひれ、目の特徴から間違いない」としている(アクアマリンふくしま提供)(時事通信社)09時00分更新
[PR]



by imasu6 | 2006-05-31 19:35 | シャキシャキ

エジプトリクガメの赤ちゃん誕生

b0052564_186387.jpg


英国にあるチェスター動物園でエジプトリクガメ(学術名:Testudo Kleinmanni)の赤ちゃんが生まれた。
赤ちゃんカメは大人の指先に乗るほどの大きさ。同動物園では6匹をふ化させた。
エジプトリクガメは、絶滅危惧(きぐ)種に指定されている。
[PR]



by imasu6 | 2006-05-25 18:06 | クタクタ

肥馬 中年太りで病気、6キロ減量に成功

b0052564_1229401.jpg


東京・上野動物園で暮らすミゼットホース「忍(しのぶ)」(雌、17歳)が、4月からダイエットに取り組んでいる。血行不良から起きるひづめの病気に苦しんでいるが、その背景に体重オーバーや運動不足が考えられるためだ。冬に痛みがひどくなるため、11月までに「12キロ減」が目標。1カ月半で早くも6キロの減量に成功し、来園者も声援を送っている。
 ミゼットホースは馬の中では最も小さい。88年9月生まれの忍は、人間なら40代。体高は約90センチで、ぽっちゃりとした姿が人気を集めてきた。
 ところが10年ほど前、ひづめと骨を結び付ける葉状層(ようじょうそう)に血液が流れなくなる「蹄葉炎(ていようえん)」を発症。悪化すると、ひづめが腐敗、壊死する恐れもある病気だ。寒さで血の巡りが悪い冬には激しく痛む様子で、歩くのがやっとだという。
 忍はもともと運動嫌いで、4月の体重測定では117キロ。標準とされる約90キロを大きく超えた。「血行不良の改善には、減量と運動が必要」という獣医の指摘を受け、毎日20分間の有酸素運動をさせることにした。主に午前中、飼育員と並んで走ったり、手綱を持った飼育員の周囲を回ったりしている。当初はコースの内側に寄って運動量を減らそうとする素振りも見せたが、間もなく懸命に走るようになった。
[PR]



by imasu6 | 2006-05-25 12:30 | クタクタ

おなかいっぱいだぞ

b0052564_17403474.jpg


スペイン領カナリア諸島のラスパルマスで、果物や野菜502キロ分を食べる3頭の雌象。別の象が作ったこれまでの記録440キロを破り、ギネスワールドレコード(旧ギネスブック)の世界記録を更新した
[PR]



by imasu6 | 2006-05-22 17:41 | クタクタ

特別天然記念物コウノトリ

b0052564_11312025.jpg


国の特別天然記念物コウノトリの卵1個が、兵庫県立コウノトリの郷公園(豊岡市)のそばにある大型の囲いの中でふ化したことが18日、分かった。
 屋外にある囲いには天井がなく、順調に育てば7月中旬ごろには大空へ飛び立つという。同公園の保護下で生まれたひなが、幼鳥段階から自然界で育つのは初めて。
 同公園は16日、ふ卵器でふ化直前まで温めた卵3個を、囲いの中に設けた別のコウノトリのペアの巣に移動。このペアが卵を温め続けていた。
 このペアは羽の一部を切った17歳の雄と18歳の雌で、これまでに20羽以上を産み育てた「子育て上手」。今春も5個を産んだが、自然界に多様な系統を送り出すため、卵は回収していた。
[PR]



by imasu6 | 2006-05-19 11:31 | クタクタ

旭山動物園

b0052564_11591751.jpg


行ってみたいな、旭山動物園
現在日本一の動物園。
動物の生き生きとした姿を見ることができる
いい動物園。

すでに外国では、こういう取り組みがなされてきているので
ようやく日本でもって感じですが。
こういう動物園が増えるともっと動物が幸せになるのにな・・・。
[PR]



by imasu6 | 2006-05-16 12:02 | シャキシャキ

クサウオ

b0052564_11562290.jpg


鹿児島市のかごしま水族館に珍魚クサウオが初お目見えした。大きくとぼけた顔にくねくねと軟らかそうな体-。ユニークな外観はナマズやオタマジャクシにも似て何とも個性的。おなかの吸盤で岩場にへばり付き、毎日のんびり過ごしている。
[PR]



by imasu6 | 2006-05-16 11:56 | クタクタ

琵琶湖がアマゾンに

b0052564_10274599.jpg


いま琵琶湖は困っています。
ペットとして飼われている“アリゲーター・ガーや
ピラニアが越冬して繁殖しようとしています。
日本固有の生態系が破壊されています。

ブラックバスやブルーギルなどの外来魚の影響から
鮎や鮒が激減しているのに加えて
凶暴な外来魚。

人にも影響を与える恐れもある魚です。

飼われえていた魚が悪いわけではありません。
売ったペットショップにも多少責任はあるかもしれませんが
一番責任があるのは、飼い主です。

少数の飼い主のせいで、本当にこの動物達を愛している
飼い主達の立場も悪くなります。
責任を持って下さい。

動物達が泣いています、自然界の動物も人間界の動物も。
[PR]



by imasu6 | 2006-05-13 10:32 | ブチブチ

世界最大級のヒラメ

b0052564_11482974.jpg


重さ11.5キロ、体長約1メートルという世界最大級のヒラメが神奈川県・三浦沖で釣り上げられ、4日、生きたまま水族館・京急油壷マリンパーク(三浦市)へ贈られることが決まった。
 ◇横須賀市の会社員、神能正行さん(55)が先月30日に釣り上げた。刺し身にすると100人分以上だが「せっかくここまで大きくなったんだから」と寄贈を決めた。
 ◇釣り魚の重さを認定するJGFAによると、ヒラメでは世界一の重さ。マリンパーク側は「専用水槽を用意して待ってます」と大歓迎。“嫁ぎ先”での記録更新に期待がかかる。
[PR]



by imasu6 | 2006-05-05 11:49 | クタクタ

シロザケの

b0052564_20112827.jpg


バイカモの緑の中を泳ぐシロザケの稚魚
[PR]



by imasu6 | 2006-05-02 20:12 | シャキシャキ

なんてことない、ダラダラ綴り
by imasu6
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ダラダラ
クタクタ
シャキシャキ
ブチブチ
絶滅危惧種
絶滅種
ペット
新種
未分類

フォロー中のブログ

ブログパーツ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧