吾輩は亀である

<   2007年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧




「ガマの毒」で身守る=ヤマカガシ

b0052564_1492048.jpg


徳島県・伊島で捕らえたヤマカガシの子(上)。頭の後ろの細長い膨らみが毒を出す頚腺。この毒は餌の同島のヒキガエル(下)から取り込み、ワシなどから身を守るために利用している
[PR]



by imasu6 | 2007-01-31 14:09 | クタクタ

ゾウ 「花子」大往生

b0052564_11573723.jpg


戦後間もなく札幌市円山動物園に仲間入りして以来、半世紀以上も来園者を楽しませたアジアゾウの花子(雌、60歳)が28日、死んだ。国内の動物園で飼育されているゾウの中では神戸市立王子動物園の諏訪子(雌、64歳)に次ぐ2番目の高齢で、人間の年齢に換算すると100歳を超える大往生。これで円山動物園からゾウはいなくなった。
 円山動物園によると、昨年7月には還暦を盛大に祝い、死ぬ前日まで元気な姿を見せていた。老齢のため、室内でバランスを崩して倒れ、内臓が圧迫された可能性があるという。
 花子は開園2年後の1953年7月に来園。たちまち人気者になった。親子3世代に渡るファンも多く、動物園のシンボルだった。99年に一緒に飼育されていたリリーが死んだ直後はショックからか、餌をほとんど食べなくなった。飼育係や来園者の励ましで元気を取り戻し、優しい顔をお客に見せていた。
 動物園の飼育担当者は「まだ何年も生きてくれると期待していた。ゾウがいなくなるのは残念。花子を応援してくれた市民に感謝する」と話した。「追悼の会」を近く開くという。
[PR]



by imasu6 | 2007-01-29 11:58 | シャキシャキ

「がけっぷち犬」飼い主決まる、名前は「リンリン」

b0052564_11412861.jpg


徳島市・眉山のがけで昨年11月、6日間にわたって孤立し、消防隊員に救出された犬の飼い主が28日、徳島県神山町の県動物愛護管理センターで開かれた「飼い主をさがす会」で決まった。

 引き取り希望が相次いでおり、この日は地元のほか、兵庫、埼玉県の11人がくじを引き、徳島県内の主婦(66)が当選した。犬を飼うのは初めてというが、「まず犬小屋を買い、散歩もさせて少しずつなじんでいけたら」と、さっそく「リンリン」と名付けていた。

 リンリンは雌で、推定生後8か月。同じように救出された姉妹とみられる犬と同センターで飼育され「がけちゃん」などと呼ばれていた。当初は職員が餌をやる際も近寄らなかったが、最近は“姉妹”でじゃれ合い、体重も1・6キロ増の9・3キロに成長した。
[PR]



by imasu6 | 2007-01-29 11:42 | クタクタ

ばん馬と人間との綱引き対決

b0052564_11383265.jpg


◇ばんえい競馬のばん馬と人間との綱引き対決が27日、北海道帯広市で開催中の「第44回帯広氷まつり」の会場であった。
 ◇まつりの来場者が飛び入りで参加し、小学生以下と中学生以上の2部門に分かれて体重約1トンの9歳の現役競走馬のリッキーと対決。小学生53人との対決ではリッキーが圧勝したが、大人30人の力にはかなわず、後ずさりして完敗した。
 ◇珍しい綱引きに、会場は黒山の人だかり。来年度から始まる帯広市単独開催でも人馬一体となって人気をけん引してほしいと関係者は期待する。
[PR]



by imasu6 | 2007-01-28 11:38 | ダラダラ

コンドルの「ジョウ」見参 京都市動物園

b0052564_13154268.jpg


オスのコンドル「ジョウ」(8歳)が今月、京都市動物園(左京区)にお目見えした。翼を広げると3メートル以上あり、すでに大人の体格。堂々とした姿を来園者が楽しんでいる。
 昨年6月にオスの「コンドルじいさん」が死んだため、愛媛県立とべ動物園から来園した。メスの「ナスカ」は新たな伴侶に興味津々。時おり「ジョウ」の周囲を歩きまわるが、つれない態度をとられている。
 「47年という『コンドルじいさん』の飼育記録を更新してほしい」と担当者。早く環境に慣れるよう、職員に見守られている。
[PR]



by imasu6 | 2007-01-25 13:15 | クタクタ

珍しい深海ザメの撮影に成功

b0052564_1314844.jpg


東京 24日 ロイター] 静岡県にある「あわしまマリンパーク」のスタッフが、深海に生息する珍しいサメの撮影に成功した。
 近くの港の漁師から「鋭い歯も持ったウナギのような姿の生き物を発見した」との連絡を受け、同パークの職員が捕獲したのは全長1.6メートルの雌のラブカとみられる。
 生きた化石とも言われるラブカだが、通常は600メートル以上の深海に生息しており、生きた姿が撮影されるのは非常にまれだという。
 海水プールに移された時点ですでに衰弱がみられたサメは、捕獲から数時間後には死亡した。
[PR]



by imasu6 | 2007-01-25 13:14 | クタクタ

子パンダ18匹の名づけ親募集

b0052564_10212614.jpg


007年1月24日、四川省臥龍(がりゅう)市のパンダ研究センターが、18匹のパンダの子どもたちの名前を募集すると全世界に発表した。

昨年7~9月、臥龍パンダ研究センターでは、11匹の母パンダから計17匹のパンダの子が誕生した。残りの1匹は捨て子で、係員によって保護され現在も他のパンダと同じように生活している。

今年2月10日には、18匹のパンダの子の授乳が終わり、母親のもとを離れパンダ幼稚園に通うことになる。そこでパンダ研究センターは、全世界でパンダの子の名前を募集開始した。同センターの副主任・李徳生(リーダーション)さんは、レコードチャイナを通して日本の皆さんにもぜひアイデアを出し、いい名前をつけてほしいと依頼してきた。

そこでレコードチャイナでは、18匹の個性豊かなパンダの子たちの名前を大募集。それぞれの特徴をうまく表現した、すてきな名前の応募をスタッフ一同お待ちしています。

子パンダ紹介(1)
2006年7月22日に誕生した、誰もが待ち望んだ昨年第1号の雌のパンダ。生まれた時の体重は160g。人見知りはするものの、とても活発なで丈夫な子に育っている。

●応募の際の必要事項
・漢字2文字の名前(2つの漢字が同じである必要はありません)
・名前の由来
※タイトルに「○番の子パンダの名前応募」とお書き下さい

●応募先
info@recordchina.co.jpまで。ドット(.)を半角に直してからお送りください。締め切りは2月4日午前0時。
[PR]



by imasu6 | 2007-01-25 10:22 | シャキシャキ

世界初クジラの手術

b0052564_15394955.jpg


2007年1月19日、山東省青島市の水族館・極地海洋世界で4歳の白い雌クジラの手術が行われた。今回の手術は海洋哺乳類の手術として世界初の試みで、関係者からの注目を浴びている。

このクジラは水族館の一番の人気者で、飼育係の話によると1か月程前から元気が無くなっていたという。食欲もなくなってきたため、すぐに診察を実施した結果、尾びれに傷が見つかり化膿していることが判明。このまま放置しておくと傷がさらに悪化するため、担当医師は手術を実施。尾びれの一部を切除し、ドレナージ手術で対応することを決めた。

術後の経過は順調だというが、何しろ世界初となった今回の手術。しばらく観察を続け、今後の回復状況を見守っていきたいと専門家は話している。
[PR]



by imasu6 | 2007-01-23 15:40 | シャキシャキ

白鳥が・・・

b0052564_16154531.jpg


ハクチョウたちがのんびり静かに暮らしていた動物園の白鳥湖に、無遠慮な野生のカモたちがやって来た。ハクチョウの餌をがつがつと食べてしまったりするので、飼育係もハクチョウたちも困り果てている
[PR]



by imasu6 | 2007-01-19 16:16 | クタクタ

カエル・ツボカビ症

世界各地でカエルなどの両生類を絶滅に追いやっているカエル・ツボカビ症が昨年12月に国内で初めて確認されていたことが分かった。アジアで公式に感染が確認されたのは初めて。感染力が強く、致死率も90%以上で、野外に広がると根絶は不可能で両生類の絶滅が危ぐされる。
 日本野生動物医学会や日本爬虫両棲(はちゅうりょうせい)類学会、世界自然保護基金(WWF)ジャパンなど16団体は12日に検疫強化や販売・流通の管理、情報提供などを訴える緊急事態宣言を公表した。
 ツボカビ症が確認されたのは、東京都内で昨年11~12月に個人がペットとして飼っていた中南米産のカエル。11種35匹中14匹が死んだため、麻布大学で調べたところ、昨年12月25日にツボカビ症と確認された。
 ツボカビは真菌の一種。もともとアフリカ固有の菌だったとみられ、90年代に豪州でカエル激減を招いた病気として98年に初めて発見された。すでに豪州や中南米の両生類が壊滅的被害を受けているという。ヒトへの感染は確認されていない。
 麻布大の宇根有美助教授(獣医病理学)は「飼っているカエルなどの両生類に異変があれば、すぐに獣医師などに相談してほしい。水の管理が最も重要で、水槽の水を排水溝や野外に流さないでほしい」と訴えている。
 ツボカビ症に関する情報は、以下のホームページに掲載している。WWFジャパン(http://www.wwf.or.jp)、麻布大学(http://www.azabu―u.ac.jp
[PR]



by imasu6 | 2007-01-14 14:56 | クタクタ

なんてことない、ダラダラ綴り
by imasu6
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ダラダラ
クタクタ
シャキシャキ
ブチブチ
絶滅危惧種
絶滅種
ペット
新種
未分類

フォロー中のブログ

ブログパーツ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧