吾輩は亀である

<   2008年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧




豚も、おだてりゃ

b0052564_12562978.jpg

オーストラリア南東部の都市メルボルンでの娯楽ショーで、水面に向かって華麗に跳躍するブタの「ミス・ポーキー・ピッグ」。ブタが水に飛び込んだり、競争したりするショーは、観光客らに大人気という
[PR]



by imasu6 | 2008-09-24 12:57 | シャキシャキ

ニホンウナギ 世界初の親魚捕獲 マリアナ諸島西方で

b0052564_9415774.jpg


生態に謎の多いニホンウナギの親魚が、マリアナ諸島西方の太平洋で、世界で初めて捕獲された。水産庁と水産総合研究センターが22日、発表した。現場の水温や塩分濃度も分かり、養殖技術の向上にもつながるという。

ニホンウナギの産卵については、東京大のチームが05年、同じ海域で大量の赤ちゃんウナギ(仔魚=しぎょ)を捕獲。産卵場所はほぼ特定されたが、親ウナギや卵は見つかっていなかった。

 同センターは、漁業調査船「開洋丸」(2630トン)で、今年6月と8月、大型の網を使って調査した。この結果、約150キロ離れた2地点から、ニホンウナギの雄2匹と雌1匹、性別不明な1匹の計4匹、オオウナギの雄1匹を捕獲した。この雌を調べたところ、卵巣が収縮し、残った卵もあったため、産卵後の雌と考えられた。また、9月には近くでふ化後2、3日程度の仔魚(約5ミリ)も26匹見つかった。

 親ウナギが捕獲されたのは水深200~350メートル付近(水温13~25度)、仔魚は同100~150メートル(同26.5~28度)と推定している。

 現在の人工ふ化技術では、卵から仔魚に育つ数が少なく、安定供給にはほど遠い。養殖は天然のシラスウナギに頼っているが、シラスウナギは減少している。同センターの張成年・浅海生態系研究室長は「親の生理状態や生育環境を調べることで、人工ふ化技術の向上につながるかもしれない」と話す。
[PR]



by imasu6 | 2008-09-23 09:42 | シャキシャキ

世界最小の蛇??

b0052564_16165078.jpg


重慶市で超ミニサイズのヘビが発見され、ちょっとした話題となっている。
[PR]



by imasu6 | 2008-09-06 16:17 | ダラダラ

コツメカワウソ 2匹の赤ちゃん一般公開

b0052564_11154644.jpg


札幌市厚別区のサンピアザ水族館で、コツメカワウソの赤ちゃん2匹の一般公開が始まり、愛くるしい姿で人気を集めている。

 コツメカワウソは世界最小のカワウソ。赤ちゃんは7月25日に生まれ、現在体長が20センチまでに育っている。まだ、巣代わりの麻袋に入っていることが多いが、時々袋から顔を出し、親カワウソとじゃれ合っている。

 9月末には完全に袋から出て、ひとり歩きを始めるという。
[PR]



by imasu6 | 2008-09-02 11:16 | クタクタ

なんてことない、ダラダラ綴り
by imasu6
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ダラダラ
クタクタ
シャキシャキ
ブチブチ
絶滅危惧種
絶滅種
ペット
新種
未分類

フォロー中のブログ

ブログパーツ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧