吾輩は亀である

<   2009年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧




メンドリが、母死んだキジのヒナ6羽育てる 親子のように仲良く

b0052564_1524112.jpg


 宮城県大崎市古川の田のあぜで巣を作り、抱卵中の野生の雌キジが草刈り機に巻き込まれて死に、9個の卵が同市田尻の私設ビオトープ園「メダカの郷」に持ち込まれた。同園で飼育するメンドリのナゴヤコーチンが親キジに代わって抱卵を続け、持ち込みから1週間近くたった24日に6羽がふ化した。ヒナはすくすく育ち、メンドリと親子のように仲むつまじい情景を見せている。

【関連写真特集】鳥も動物もかわいい親子がいっぱい 毎日動物園

 親キジの受難は18日のことで、キジは人間などがぎりぎりまで近付かないと飛び立たない習性があるため、草刈り機に巻き込まれたとみられる。草刈り機を扱っていた男性は「何とかふ化させたい」と、知人で同園主宰者の高橋孝憲さん(61)のもとに卵を持ってきた。高橋さんは「メンドリに卵を抱かせてみよう」と、抱卵用ケージを急ごしらえし、2歳近くになるメンドリに白羽の矢を立てた。メンドリは自分の卵のように素直に抱き続けた。3個は無精卵のようでふ化しなかったが、6羽はすぐさま走り跳躍する野生の力を見せるなど元気そのもの。

 高橋さんがミミズを切った餌を与えると、メンドリはヒナに向かって「珍しい餌があるよ」とばかりに「コッコッ」と鳴いて知らせる。ヒナはメンドリの背に飛び乗って遊び、気配の変化を感じるとメンドリの後ろに隠れたりする。ヒナばかりかメンドリも「親子」と刷り込まれているかのようだ。ヒナは現在体長8センチほど。高橋さんは「キジはふ化後半年で成鳥に近くなる。そうなったら野に放してやりたい」と話している
[PR]



by imasu6 | 2009-05-31 15:24 | ダラダラ

スジシマドジョウ

b0052564_15154652.jpg


和歌山県白浜町内ノ川の富田川本流で、琵琶湖固有種である「スジシマドジョウ大型種」が県内で初めて確認された。捕獲したのは同町の写真家内山りゅうさん(46)。全長約8.5センチの雌の成魚。県立自然博物館によると、放流用の湖産稚アユに交じってきた可能性が非常に高いという。
 内山さんは今月、生態調査をしていてこのドジョウを見つけ捕獲した。スジシマドジョウ類は学術的に分類されておらず、学名が付いていない。そのため、大型種や小型種などと呼んで区別している。大型種は生息地の琵琶湖でも外来種による食圧や護岸工事の影響などで激減しており、環境省の絶滅危惧(きぐ)2類に分類されている。
 湖産稚アユについて県資源管理課は、繁殖に寄与せず、冷水病まん延の原因になる可能性があるため、放流しないよう各漁協に依頼している。県内の河川ではこれまでの湖産稚アユの放流でハスやニゴイ、モロコ類、トウヨシノボリなどが移入して定着しているという。
 県立自然博物館は「きれいなドジョウを見掛けた場合、連絡してほしい」と呼び掛けている
[PR]



by imasu6 | 2009-05-31 15:16 | ブチブチ

セアカゴケグモ 毒グモにハチの一刺し まひさせ捕食

b0052564_2029166.jpg

 強い毒性を持つセアカゴケグモに、国内では存在しないとされてきた捕食者がいることが7日、大阪市立自然史博物館の調査で分かった。一方で、大阪府内で昨年度、セアカゴケグモによる被害例が過去最多を記録したことが判明。繁殖を繰り返す毒グモの“天敵”が発見されたことで、関係者は被害拡大が防げるのではと期待している。
同館学芸員の松本吏樹郎さんと同館友の会会員の北口繁和さんの調査によると、クモバチ(ベッコウバチ)の一種の「マエアカクモバチ」が、セアカゴケグモを捕食していることが確認された。平成19年9月に長居公園(大阪市東住吉区)で初めて確認されてからは、この数年間に、堺市堺区内や大阪府豊中市内の石垣のすき間や公園の地面などでも、このハチが針で刺してまひさせたセアカゴケグモをアゴでくわえ引きずっている姿が観察されたという。

 このハチは背中が赤さび色をしている点が特徴。これまで別のクモ(ハンゲツオスナキグモなど)を捕食する姿は観察されていたが、松本さんは「えさのクモと似た環境で増加し、入手しやすくなったセアカゴケグモを捕食し始めたのでしょう」と説明する。

 外来種であるセアカゴケグモは日本では平成7年、大阪府高石市で初めて発見。その後、兵庫や和歌山、奈良など近畿地方を中心に繁殖を繰り返しており、愛知や群馬などでも確認されるなど生息範囲が北上している。

 大阪府環境衛生課によると、セアカゴケグモによる府への被害報告は、13、16、17年度にはそれぞれ1件だったのが、18、19年度にそれぞれ6件。20年度には9件と最多を記録し、「ここ数年で被害例が増加しており、今年は予断を許さない状況だ」という。

 同課では定期的に生息状況を調査をしているが、「クモは一カ所に固まっているわけではないので、一斉駆除は不可能だ」と頭を悩ませていた。

 思わぬ天敵の発見に「生態系への影響を考えなければいけないが、面白い発見だと思う」と期待感を示している。

 首都大学東京の清水晃助教(生物多様性)の話「マエアカクモバチは国内でも比較的まれなハチで、生態があまりよく知られていない。毒グモの駆除に使えるほど、増殖させることができるか疑問の余地があるが、いい意味での影響が期待できるだろう」
[PR]



by imasu6 | 2009-05-07 20:29 | シャキシャキ

なんてことない、ダラダラ綴り
by imasu6
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ダラダラ
クタクタ
シャキシャキ
ブチブチ
絶滅危惧種
絶滅種
ペット
新種
未分類

フォロー中のブログ

ブログパーツ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧