吾輩は亀である

<   2009年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧




絶滅危機の野生動物が増加傾向

b0052564_1552079.jpg


2009年7月25日、中国国内有数の3大河川である黄河、長江、メコン川の源流域で、中国政府が保護の対象としている野生動物の数が増加傾向にあることがわかった。新華社が伝えた。

08年末から、測量、遠隔検出、水文学、地質、気象、環境などの専門家で構成する調査チームが源流域で40日あまりにわたる総合的な調査を行った結果、青海省ゴロク・チベット族自治州マトェ・ゾン(瑪多県)に生息するチルーは4万頭以上で、10年前と比べ1万5000頭増加、またキャンは3万頭以上で 2000頭増加、バーラルは7000頭以上で4800頭以上増加している。その他の野生動物や野性鳥類も増加が顕著だという。

マトェ・ゾンの万瑪加(ワン・マージア)副県長は、「近年の保護政策の効果と保護意識の高まりによって、野生動物の乱獲が抑えられ、黄河源流域の生態環境が改善されたことが、各種野生動物の生息環境改善に直接結びついたのではないか」と話した。

黄河、長江、メコン川はすべてチベット高原中腹の青海南部高原にその源流を持ち、この一帯は現在中国や世界でも稀な絶滅危機にある大型動物の分布が集中している地域の一つとなっている。
[PR]



by imasu6 | 2009-08-19 15:05 | 絶滅危惧種

ベンガルトラ、ネパールで121頭確認

b0052564_1541232.jpg


ベンガルトラ、ネパールで121頭確認
ネパールでベンガルトラの全国的調査が初めて実施され、7月27日にその結果が発表された。報告によると、同国の保護区内には繁殖期のベンガルトラが121頭余り生息しており、写真のトラはそのうちの1頭だ。
[PR]



by imasu6 | 2009-08-19 15:04 | 絶滅危惧種

ケニアのライオンが20年で絶滅の恐れ、毎年100頭減少

b0052564_1523789.jpg

ケニアのライオンが20年で絶滅の恐れ、毎年100頭減少

 ケニアの政府機関は17日、同国のライオンが、気候変動や生息地の破壊、病気、人間の手で殺されていることなどを理由に、20年後に絶滅する可能性があることを明らかにした 
 観光収入への依存度が高いケニアで、ライオンはゾウや水牛、ヒョウ、サイと並び、観光客に人気の動物「ビッグファイブ」に含まれている。
 ケニア野生生物公社(KWS)によると、2002年に2749頭だったライオンの生息数は約2000頭にまで落ち込んでおり、平均で毎年100頭ずつ減少したことになる。 
 同公社は声明で、「ライオンの生息数減少は憂慮すべき事態で、現在生き残っている2000頭を減らさないようにするか、生態系に問題のないレベルまで増やす努力が必要だ」と強調した。
[PR]



by imasu6 | 2009-08-19 15:03 | 絶滅危惧種

なんてことない、ダラダラ綴り
by imasu6
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ダラダラ
クタクタ
シャキシャキ
ブチブチ
絶滅危惧種
絶滅種
ペット
新種
未分類

フォロー中のブログ

ブログパーツ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧