吾輩は亀である

<   2009年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧




パンダが初めて南半球に、オーストラリアの動物園に貸与

b0052564_1135689.jpg


2009年11月27日、中国新聞社によると、中国四川省臥竜パンダ保護研究センターのジャイアントパンダ2頭が同日、オーストラリアに向けて出発した。中国政府がオーストラリアの動物園に貸与するもので、パンダが南半球に渡るのはこれが初めて。



オーストラリアに貸与されるパンダは4歳の雄の「網網(ワンワン)」と3歳の雌の「福[女尼](フーニー)」。28日にオーストラリアに到着し、10年間を現地で過ごす予定だ。



貸与先となるアデレード動物園ではすでにパンダ館を完成させており、公開に向けて準備を進めている。
[PR]



by imasu6 | 2009-11-28 11:35 | 絶滅危惧種

自然保護区のトラ殺し食べた住民に617万円の賠償命じる―雲南省

2009年11月25日、中国南部、雲南省シーサンパンナ・タイ族自治州モウ臘県の裁判所は、同州内の自然保護区で虎を射殺し食べた住民に対して、銃の不法所持や希少動物を違法に殺した罪などで有罪を言い渡し、48万元(約617万円)の賠償を命じた。26日付新華社が伝えた。



事件は今年2月、モウ臘県民の2人が国家級自然保護区で見つけたインドシナトラを射殺し、翌日、知り合いらと共に射殺現場に戻った上でトラを解体し、持ち帰ったもの。肉は各自が家で調理し、食べたという。射殺した2人が6月になって自首したことで発覚した。



インドシナトラは中国の一級保護動物に指定されており、賠償金は「トラ射殺によって国家に損失を与えた」ことに対するものだ。
[PR]



by imasu6 | 2009-11-27 11:00 | 絶滅危惧種

名護市沖で39の新種甲殻類 普天間移設予定地にも

b0052564_12113477.jpg


世界自然保護基金(WWF)ジャパンなどは24日、沖縄県名護市沖の大浦湾での調査で、少なくとも36種のエビカニの仲間の新種を発見したと発表した。このほか、シャコ類の新種も3種見つかった。



 調査地点には米軍普天間飛行場宜野湾市)の移設予定地も含まれており、調査チーム代表の藤田喜久琉球非常勤講師は「大浦湾にはまだ見つかっていない生き物もたくさんいるはず。人工の構造物をつくると生き物に影響が出るので、ここに基地を移設しないことを含め、生物に配慮した対応が必要だ」としている。



 調査は今年6月に実施し、沿岸部から沖合までの大浦湾全体でエビやカニなどを採集。これまでの分析で496種のエビやカニなどの仲間が確認され、うち少なくとも36種が新種だという。



 藤田さんによると、大浦湾は遠浅の干潟やサンゴ礁、底が泥だけの場所など多様な地形があり、それがさまざまな生き物の生息につながっているとみられる。
[PR]



by imasu6 | 2009-11-25 12:11 | 絶滅危惧種

外来種コイ、五大湖に迫る

b0052564_11583361.jpg

五大湖の一つであるミシガン湖に、アジア原産のコイ迫りつつある。米当局は湖の生態系を守り、釣りや漁業への悪影響を未然に防ごうと、あの手この手で防戦。それでもコイはじりじりと湖に近づいており、関係者の間には焦燥感が漂っている。

 問題のコイは「ビッグヘッドカープ」「シルバーカープ」など繁殖力が強い品種。1970年代に養殖場を浄化させる目的で米南部に輸入されたが、洪水で近隣の川へ逃げ出し、イリノイ川などを経て北上。今やミシガン湖にまで生息範囲を広げようとしている。

 ビッグヘッドカープは食欲旺盛で、体重45キロを超える成魚も。シルバーカープはボートエンジン音に反応して水中から飛び上がり、人にけがをさせる恐れがあるという。

 米当局は最後のとりでとして、ミシガン湖につながる水路に電気でコイを撃退する装置を設置。12月に予定する同装置の保守作業の際に、駆除用の薬剤を入れることも計画している。だが、米大学の調査で先週、同装置を突破したコイが湖から約13キロにまで近づいた可能性が浮上し、当局は早急な対策の練り直しを迫られている。 
[PR]



by imasu6 | 2009-11-24 11:59 | シャキシャキ

赤ちゃん同じ日に誕生 ホッキョクグマとペンギン

b0052564_1445763.jpg


和歌山県白浜町サファリパークアドベンチャーワールド」で、北極圏沿岸にすむホッキョクグマ南極大陸にすむエンペラーペンギン赤ちゃんが、それぞれ1匹ずつ同じ日に誕生し順調に育っている。園内のペンギン王国1階保育室で24日から一般公開される。

 ともに13日に生まれた。同園は「北極南極動物の赤ちゃんが、同じ日に生まれるなんてすごい偶然。とてもハッピー」と大喜び。ただ、ホッキョクグマの赤ちゃんは飼育が難しく「慎重に見守りたい」と話している。

 ホッキョクグマの赤ちゃんはスウェーデン生まれの雄とイギリス生まれの雌(ともに17歳)の間に生まれ、2005年以来4年ぶり。性別は雌。体重は1047グラム、体長約27センチ。まだ目は開いていない。

 同園では同じ両親から過去4回、双子ばかり誕生したが、すべて衰弱死している。「一番長く生きたのは101日。飼育下で育った例は全国的にも少ない。今回は双子でなかったので何とか元気に育ってほしい」と話している。

 エンペラーペンギンの赤ちゃんは、雄雌とも12歳のカップルの間に誕生。同カップルの赤ちゃんは04、07、08年に続き4匹目。体重は478グラム、体高約14センチ。性別はまだ分かっていない。

 ホッキョクグマは犬用のミルクを一日に300cc、ペンギンはニシンオキアミを流動状にしたのを同200cc、それぞれ数回に分けてもらっている。元気な鳴き声とともに可愛いしぐさを見せ、来場者の人気を集めそうだ。

 同園では2匹を別々の保育器に入れて並べ、体調が良ければ終日、一般公開する。
[PR]



by imasu6 | 2009-11-22 14:45 | ブチブチ

大型レッサーパンダ

b0052564_10565025.jpg


シベリア・バイカル湖畔の約350万年前の地層から見つかった化石に基づく大型レッサーパンダの想像図。現生種より1.5倍大きく、主に植物を食べていたという
[PR]



by imasu6 | 2009-11-21 10:57 | 絶滅種

多様な古代ワニ:パンケーキクロック

b0052564_16161827.jpg


現生のワニの祖先、“パンケーキクロック(PancakeCroc)”の頭部CG画像。2009年11月に研究を発表した古生物学者ポール・セレノ氏によると、「究極の待ち伏せ捕食動物」だという。



 この90センチの細長いあご(画像下部)を構えて水中にじっと横たわり、尖った歯がびっしりと並ぶ口の中に獲物が迷い込むのを待ち構えていた。



 今回新たに発見された白亜紀のワニは5種。パンケーキクロックは現在のニジェールモロッコ周辺でユニークな進化を遂げ、川の流れる緑豊かな平原の一角で独自の地位を築いていたという。
[PR]



by imasu6 | 2009-11-20 16:16 | 絶滅種

古代から動脈硬化まん延?

古代エジプト上流階級では、中高年動脈硬化症を患う人が多かったと、米カリフォルニア大などの研究チームが18日付の米医師会誌に発表した。

 約4000年前までのミイラ20体をコンピューター断層撮影装置(CT)で調べたところ、心臓や動脈を確認できた16体のうち、9体に動脈の石灰化がみられた。このうち7体が、死亡時に45歳以上だったと推定される。最も古い「患者」は、約3500年前の30~40歳の子守の女性だった。

 研究チームがこの調査をしたきっかけは、エジプト考古学博物館にあるファラオメルエンプタハ」のミイラ。60歳ごろに死去し、動脈硬化関節炎、虫歯を患っていたとされる。

 動脈硬化による心筋梗塞(こうそく)や脳梗塞が死因になったかや、当時の食生活は不明。しかし、現代の生活習慣上のリスク以外にも、動脈硬化を招く要因があるかどうかを検討する手掛かりになるという。 
[PR]



by imasu6 | 2009-11-19 13:14 | 絶滅種

世界初!シーラカンス稚魚を撮影 福島の水族館

b0052564_14422195.jpg


生きた化石」と呼ばれる古代魚シーラカンス稚魚の撮影に、福島いわき市水族館「アクアマリンふくしま」の調査隊がインドネシア近海で成功し16日、発表した。世界初という。謎に包まれたシーラカンスの生態を解明する上で極めて貴重としている。



 同水族館によると、10月6日にインドネシア・スラウェシ島北部マナド近海で発見。アフリカ種とは別種のインドネシア種で、水深161メートルにある岩の割れ目の中にいた。自走式水中カメラ(ROV)で撮影した。



 シーラカンスは魚類から両生類に進化する過程の特徴を残しており、雌の胎内で卵をかえして体長30センチ程度にまで稚魚を育てるとされる。撮影された個体も生後間もないとみられ、体長は31・5センチだった。



 同水族館は今回の発見でシーラカンスが通常の生息域で出産し、稚魚は成魚と同じく日中、岩のすき間などに隠れて暮らしているとみている。



 アクアマリンふくしまの担当者は「シーラカンス発見以来、解明されていなかった生態の謎に大きく近づくことができた」としている。
[PR]



by imasu6 | 2009-11-17 14:42 | 絶滅危惧種

125歳女性が生存?=トルコ

トルコの一部メディアは13日までに、同国南東部ベシリの登記所責任者の話として、同地で125歳の女性が生存していると報じた。事実とすれば、これまでの世界最高齢記録である122歳を上回る。

 女性はハリメ・ソルマズさんで、1884年7月1日生まれ。ただ、当時のオスマン帝国統治下での公文書は確認できておらず、ほかの手段で生年月日立証するのは困難という。

 ギネス記録で世界最高齢と認定されているのは、1997年に死亡したフランス人女性、ジャンヌ・カルマンさんの122歳164日。 
[PR]



by imasu6 | 2009-11-14 13:48 | ブチブチ

なんてことない、ダラダラ綴り
by imasu6
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ダラダラ
クタクタ
シャキシャキ
ブチブチ
絶滅危惧種
絶滅種
ペット
新種
未分類

フォロー中のブログ

ブログパーツ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧