吾輩は亀である

<   2010年 05月 ( 36 )   > この月の画像一覧




イエロー・レインボー

b0052564_23494887.jpg


分布や学名などが不詳で、謎に包まれた部分の多いレインボーフィッシュです。比較的近年にインドネシアから輸入されるようになった種で、青い目を持ち、体と各ヒレの縁が黄色く色づく美しい種です。ヒレの縁が白い個体も見られますが、それが性差なのか個体差なのかは不明です。飼育は容易で、純淡水で問題なく飼育できます。活発に泳ぐので遊泳空間を大きく取ってあげると良いでしょう。
[PR]



by imasu6 | 2010-05-31 23:50 | ペット

リーフ・フィッシュ

b0052564_23475028.jpg


枯葉擬態したような姿をもつアマゾン原産の種です。生息域でも水草や落ち葉等が多いところにおり、その姿に紛れ小魚を捕食する様子を水槽内でも見ることができます。忍者のようにエサに近づき一気に捕食する様子がユニークで、他の肉食魚とは違った雰囲気を楽しむことが出来ます。飼育はやや難しく、人工飼料に餌付けるには根気を要し、基本的には小型の生餌を用意してあげる必要があります。また動きが遅く捕食のスピードが遅い為、出来れば単独飼育が理想です。混泳には温和で遊泳域の重ならない種を選び、口に入るサイズの小型魚、エビ等は避けてください。また水流を好まないため浮草等で一工夫してあげるとよいでしょう。
[PR]



by imasu6 | 2010-05-31 23:48 | ペット

ラコビスクス・テトラ

b0052564_18445089.jpg


&affidブラジルパラナ川原産のカラシンです。黄色味を帯びた体に真っ赤な脂ビレと、エラ蓋の赤がアクセントになった美しい種です。その独特の色彩はカラシンの中でも個性的で、オス同士は活発に泳ぎながらフィンスプレッディングを見せてくれます。飼育は導入時に注意が必要で、水質の変化に弱い面が見られます。テリトリー意識が強く、ケンカにより細菌性の感染症を患いやすいので複数匹導入するときや混泳させるときには注意が必要です。
[PR]



by imasu6 | 2010-05-30 18:45 | ペット

テトラオドン・ミウルス“レッド”

b0052564_18421926.jpg


コンゴコンゴ川に上流域に生息するのフグの仲間です。砂に潜る習性を持つ中型淡水フグで、色彩変異が多くユニーク生態から人気の種です。体色のバリエーションが多い中でも特にレッドは人気が高く、フグの中でも異彩を放つ存在と言えます。砂に潜る習性が強く、突出した目と口で砂に潜って待ち伏せして獲物を狙います。飼育は導入時に白点病になりやすい点に注意が必要です。また高水温にも弱いので塩で白点病を予防しておくと良いでしょう。エサは生餌を好み若魚ではエビ赤虫、成魚では小赤などが良いでしょう。人工飼料はクリルに餌付かせることも可能です。性格はフグの中でも特に荒く単独飼育が適しています。
[PR]



by imasu6 | 2010-05-30 18:43 | ペット

カエルアンコウ

b0052564_11225725.jpg


強烈な色合いが特徴的な新種のカエルアンコウ(学名「Histiophyrne psychedelica」)は、普段隠れ家として利用している数種類のサンゴ擬態する。体の模様は、人間の指紋のように1匹ずつ異なる。さらに顔の周りの肉厚の組織はネコのひげのような働きをしている可能性があり、暗い海底でも獲物などの物体の場所を知るために役立つと考えられている。



 インドネシアの浅い海で発見されたこの珍しいカエルアンコウは、アリゾナ州立大学(ASU)の生物種探査国際研究所(International Institute for Species Exploration)と分類学者で構成された選定委員会が選んだ“2009年度に新たに発見された生物種トップ10”のひとつ。



 同研究所の所長クエンティン・ウィーラー氏は、このリストが、地球に住む生物の多様性について私たちの知らないことがいかに多いかを示していると話す。「現在特定できているのは190万種。控え目に見積もっても1000万から1200万種の植物や動物が存在すると推測される。しかし、私たちは微生物もリストに含めたいと考えており、そうなれば話はまったく違ってくる」。



 この新種トップ10ランキングの発表は、1758年に動植物の科学的な分類システムを構築したカロルス・リンネウスカール・フォン・リンネ)の生誕を記念して毎年5月23日に行われる。今回の2009年の新種トップ10と合わせて、2010年度版の“確認された生物種の現況に関する報告書”も発表された。2010年度版では、2008年に発見された18225種の植物、動物、微生物、海藻、菌類がまとめられている。
[PR]



by imasu6 | 2010-05-29 11:23

エンパイア・ガジョン

b0052564_10495124.jpg


オーストラリアニューギニアに生息するハゼの仲間で、タナゴモドキと同じカワアナゴ科に属します。婚姻色の出たオスの色彩は美しく、オスは全身がオレンジに染まり白と黒に縁取られたヒレが大変美しく、威嚇時には頭部が盛り上がります。メスは地味な色彩で区別されますが、幼魚で色彩が出ていないとオスメスの判別は難しいです。飼育は容易で水質にも広く適応します。非常に小さな卵を基質に産卵することが知られますがタナゴモドキのように海水が必要なのか詳細は不明です。
[PR]



by imasu6 | 2010-05-29 10:50 | ペット

ネオランプロローグス・オケラータス“ゴールド”

b0052564_1262455.jpg


&affidアフリカ、タンガニィカ湖原産のシクリッドです。巻貝産卵型の小型種として親しまれ、原種では茶褐色の体色ですが、本タイプは鮮やかな黄色の体色が美しい改良種です。尾ビレを上にした体勢で威嚇する姿などはなかなか愛嬌があります。飼育は容易で、弱アルカリ性の水質を好みます。大きめの巻貝の殻を用意すれば繁殖も可能です。
[PR]



by imasu6 | 2010-05-28 01:27 | ペット

ウマンギィ・スネークヘッド

b0052564_1242153.jpg


インド原産のスネークヘッドです。茶褐色の体色に5本の暗色のバンドが特徴的な種です。頭部のわりに眼が大きく愛嬌のある顔を持ち、各ヒレはうっすらと黄色く色づきます。飼育は弱酸性中性を保てれば容易で、餌も人工飼料に餌付かせやすく飼育は容易です。低層棲が強いので隠れ家を用意してあげると良いでしょう。僅かな隙間からでも水槽から飛び出すので、しっかりとフタを用意する必要があります。
[PR]



by imasu6 | 2010-05-28 01:25 | ペット

クセノトカ・ヴァリアータ

b0052564_20261332.jpg


メキシコ原産の真胎生メダカです。発情したオスは背ビレ、尾ビレが黒く染まり、体側のメタリックな輝きが美しい種です。飼育は容易で、繁殖も他の真胎生魚同様に可能です。若干気の荒いところを見せるので注意が必要です。
[PR]



by imasu6 | 2010-05-26 20:27 | ペット

ラオスパイソン・ヒルストリームローチ

b0052564_20221479.jpg


ラオスベトナム原産のコイの仲間です。ボルネオプレコ等と同じ急流域に適応した種で、黄色い体色に散在する蛇柄のような黒いスポット美しい種です。プレコのように流木やガラス面にくっつき、藻類を主食としています。飼育はホンコンプレコなどと同様で、溶存酸素が多い環境を好み、高水温に弱いです。エサは時間はかかりますが沈降性の人工飼料に慣らせるとよいでしょう。
[PR]



by imasu6 | 2010-05-26 20:22 | ペット

なんてことない、ダラダラ綴り
by imasu6
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ダラダラ
クタクタ
シャキシャキ
ブチブチ
絶滅危惧種
絶滅種
ペット
新種
未分類

フォロー中のブログ

ブログパーツ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧