吾輩は亀である

<   2010年 06月 ( 44 )   > この月の画像一覧




アフリカンロック・シュリンプ “ブラック”

b0052564_19481027.jpg


西アフリカ原産のエビです。東南アジアに生息するロックシュリンプと同様に摂餌行動の面白い種で、第1、第2胸脚は細かい毛が密生し、これをアンテナのように広げて水中の微生物などを摂食しています。東南アジア産のロックに比べサイズは大きくなり、太い脚の先端は細かい針状になっていて、大きな体を支えるスパイクになっています。カラーバリエーションが豊富なことで知られ、ブルーや淡いピンクのような個体が見られます。この体色は脱皮とともに変化していくようです。

飼育は水質の悪化と高水温に注意が必要です。エサは細かくした人工飼料だけでなく、底面に落ちたタブレットフードなども食べますが、大食漢のためエサが十分に行き渡るように注意が必要です。性質は温和で他の魚や、エビとの混泳も問題ありませんが、本種にエサが行き渡るように大きな種との混泳は控えた方が良いでしょう。
[PR]



by imasu6 | 2010-06-29 19:49 | ペット

エンツユイ

b0052564_1944827.jpg


中国、揚子江原産のコイの仲間です。独特の風貌が可愛らしく人気の魚で、大きな背ビレに下向きについた口、幼魚の内は白と黒のバンドを持ちます。生息地では1mを超す大型魚として知られ、美味なことから盛んに養殖されています。成長すると幼魚のうちに見られたバンドは1本のラインに変化し、体色の白い部分は赤味を帯びた褐色へと変化を遂げます。飼育は容易ですが、幼魚で販売されることから導入時や移動時に神経質な部分を見せ、水質の悪化や高水温にもやや弱い面があります。エサは人工飼料で問題ありませんが、エサ食いが遅く混泳時にはエサが十分に行き渡るよう注意してください。飼育下でも60cm程度まで成長するといわれています。
[PR]



by imasu6 | 2010-06-29 19:45 | ペット

レインボー・スネークヘッド

b0052564_2454996.jpg


レインボースネークヘッドは、その価格と美しさ、小型であることの飼いやすさから人気があります!スネークヘッドは何でもよく食べ、丈夫で飼い易く、バリエーション豊富な事から高い人気があります。飛出し注意!小さな穴も見えています!
[PR]



by imasu6 | 2010-06-29 02:46 | ペット

バーミーズタイガー・スネークヘッド(プルクラ)(ネーブルファントム・スネークヘッド)

b0052564_243777.jpg


最近新しくやってきたスネークヘッドで、十分な情報がそろっていません。飛び出し注意!小さな穴も見えています。オルナティピンニスとの違いは、黒スポットが小さいという事です。
[PR]



by imasu6 | 2010-06-29 02:44 | ペット

ペルーレッド・パナクエ

b0052564_235192.jpg


ペルー原産のプレコです。ペルーレッド・パナクエのインボイスで輸入されパナクエの名称が与えられていますが、L―227、229にあたるヒポストムス属の種と思われます。流通する3cm程の幼魚はレンガ色の美しい色彩をもち、大きな背ビレと体高のある姿が特徴的です。飼育は導入時に注意をすれば丈夫な種で、コケ食いも良いです。
[PR]



by imasu6 | 2010-06-29 02:35 | ペット

ホワイトエッジパレ・ペコルティア

b0052564_2322039.jpg


ブラジル、タパジョス川、シングー川原産のプレコです。名前の通り尾ビレに白い縁取りが見られ、独特の体型と体色が特徴的な種です。やや長い体型をもち、体色はやや地味な灰褐色の複雑な色彩をし、水槽内でもホワイトエッジが目立ちます。飼育は容易で、他のペコルティアなどと同様に飼育できます。
[PR]



by imasu6 | 2010-06-29 02:33 | ペット

赤白バンド・ビーシュリンプ“モスラ”

b0052564_9594869.jpg


誕生からたった数年で、アクアリウム界を席巻した小型の可愛らしいヌマエビです。原種は香港に生息し日本でも20年ほど前から流通が見られました。現在知られるレッドビーシュリンプは平成6年頃、日本人の方が赤い突然変異個体を固定したものといわれています。最初は赤い体色と透明なバンドを持つ程度の色彩でしたが、現在ではほぼ全身が白くなる個体まで作出されています。特に白いバンドに注目し、ブリードを楽しむだけでなく、自らの手で高いグレードを作出することが飼育の醍醐味といえるでしょう。
[PR]



by imasu6 | 2010-06-25 10:00 | ペット

シルバーアロワナ

b0052564_957135.jpg


アマゾン川に広く生息するアロワナです。1億年以上前から存在していると言われ、生きた化石古代魚代表的存在です。また、オセアニアのノーザン・バラムンディやアジアアロワナと共に地動説模式種としても知られます。本種はアロワナの仲間でも最もポピュラーな種で、銀白色を基調とした体色、しなやかな魚体が美しく、幼魚が安価な点から入門種として古くからペットフィッシュとして知られています。



飼育は容易で、幼魚の内はやや水質の急変に弱い部分もありますが、人工飼料、生餌のどちらも良く食べ、成長も非常に早いです。水面のエサを好んで食べるので、浮上性のエサやコオロギなどの昆虫が適しています。
[PR]



by imasu6 | 2010-06-25 09:57 | ペット

ウルトラスカーレット・トリム

b0052564_13351271.jpg


シングー川原産のトリム系のプレコです。プレコの王様と言えるほど美しく、迫力ある姿が魅力的な種です。体色は黒褐色に暗色班が入り、各ヒレの太い棘条がオレンジに染まります。このオレンジの部分は個体によって色の強さ、色の入る面積が異なり、コレクション性が高いのも魅力の一つです。尾筒はやや太くがっちりした体型をし、トリムらしいのも特徴です。飼育は比較的容易ですが、性質がやや荒く、体に細かい棘があるため混泳魚には注意が必要です。
[PR]



by imasu6 | 2010-06-24 13:36 | ペット

バルーンフラワーホーン ブルーダイアモンド“青金剛”

,a href="http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=U2OOH+GBMUUQ+5WS+C28PV&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fchanet%2F67014">
b0052564_13325728.jpg


2001年のアクアラマで紹介され、一躍世界中でペットフィッシュとして広まった、シクラソマを元に作出された改良種です。フラミンゴシクリッドとトリマクラータス種の異種交配をベースに、数種のシクラソマグループを交配したといわれ、その交配過程は複雑でほとんど公開されていません。東南アジアの華僑を中心に人気を集め、風水的な意味を重視しています。成長と共に発達する肉瘤は“相”と呼ばれ、悟りを得た僧(羅漢)を表しています。また、“彩”と呼ばれる赤い体色は幸福を意味し、花弁を表した体側のスポットは“様”と呼ばれます。フラワーホーンはこの“相”、“彩”、“様”のコントラストが重要とされ、交配により様々な品種が生み出されています。色彩には個体差も大きく、同じ個体はいないといわれるほど多くのバリエーションを持ちます。飼育者に良く慣れ、丈夫で何でも良く食べることからペットフィッシュとして飼育しやすく、60cm以上のサイズであればそれほど大きな水槽でなくても飼育可能な点も大きな魅力です。
[PR]



by imasu6 | 2010-06-24 13:33 | ペット

なんてことない、ダラダラ綴り
by imasu6
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ダラダラ
クタクタ
シャキシャキ
ブチブチ
絶滅危惧種
絶滅種
ペット
新種
未分類

フォロー中のブログ

ブログパーツ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧