吾輩は亀である

ナンナカラ・アドケタ(ウィルヘルムブリード)

b0052564_1771542.jpg


ブラジルネグロ川原産のドワーフシクリッドです。ナンナカラの仲間の中でも流通量が少なく希少性が高い種ですが、近年ではブリード個体を含め徐々に流通量が増えてきました。1993年にナンナカラ属に記載後イヴァナカラ属へと変更になり、ドワーフシクリッドの中でもやや大きくなる点と、体側に入る暗色のバンド模様が特徴的です。特に目の周囲に見られる暗色帯が明瞭で、歌舞伎役者隈取例えられることも多いです。飼育は弱酸性の軟水が適します。サイズが大きくなる分ケンカが激しくなるので十分な隠れ家を用意する必要があります。産卵はオープンスポウナーで、素焼き植木鉢片の上やプレート状の基質を使うと良い結果が得られるようです。
[PR]



# by imasu6 | 2010-12-13 17:08 | ペット

ヘルマンリクガメ

b0052564_11222563.jpg


南ヨーロッパに生息する中型リクガメの仲間です。丈夫で餌付きも良く、日本の環境に適していることから、日本で飼育するのに最適なリクガメの1種です。外見ギリシャリクガメに酷似していますが、尾の先端部の鱗がカギ状になることから見分けることができます。



生息域によってニシへルマンとヒガシヘルマン、ダルマティアヘルマンの3亜種に分類されています。鱗の形や腹側の黒斑の入り方などで分けることができますが、最近では亜種間交雑種が多く出回っており、亜種間の差が少なくなってきてしまっています。
[PR]



# by imasu6 | 2010-12-09 11:23 | ペット

ヒラリーカエルガメ

b0052564_10483111.jpg


南米に生息するヘビクビガメ科(Chelidae)の仲間です。カエルガメ属中最大種で、最大で甲羅が40cmほどに成長します。甲羅は茶褐色で縁は朱色で縁取られます。顔には目を通って黒いライン模様が入り、のどには特徴的なヒゲ状の突起が1対見られます。



水質悪化や水温の変化にも強い強健種で、暖かい地方なら屋外飼育も可能です。かなり大型に育つ種類なのでケージは大きめのケージを用意しましょう。
[PR]



# by imasu6 | 2010-12-09 10:49 | ペット

楊貴妃ダルマメダカ

b0052564_13474182.jpg


学名のOryziasはイネの属名Oryzaに由来し、原種日本全国の水田や小川に生息しています。現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値の高いものも多いです。飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。ボウフラを好んで食べるためビオの鉢で使われることも多いです。



クロメダカ → 日本メダカの原種に近く、体色は濃いグレーになります。

ヒメダカ → 原種の黄色変異個体を固定したものでオレンジに近い色をしています。

白メダカ → 白い体色で観賞価値の高いメダカです。

青メダカ → 光のあたり方でうっすらと青く見えるメダカです。

ダルマメダカ → 脊髄が少ない突然変異種を固定したものです。別名:縮みメダカ

楊貴妃 → 幼魚時にはヒメダカより薄い体色ですが、成魚になると赤味の発色が出ます。
[PR]



# by imasu6 | 2010-12-08 13:49 | ペット

ダークブルー・ヒカリメダカ

b0052564_1345634.jpg


学名のOryziasはイネの属名Oryzaに由来し、原種日本全国の水田や小川に生息しています。現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値の高いものも多いです。飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。ボウフラを好んで食べるためビオの鉢で使われることも多いです。



クロメダカ → 日本メダカの原種に近く、体色は濃いグレーになります。

ヒメダカ → 原種の黄色変異個体を固定したものでオレンジに近い色をしています。

白メダカ → 白い体色で観賞価値の高いメダカです。

青メダカ → 光のあたり方でうっすらと青く見えるメダカです。

ダルマメダカ → 脊髄が少ない突然変異種を固定したものです。別名:縮みメダカ

楊貴妃 → 幼魚時にはヒメダカより薄い体色ですが、成魚になると赤味の発色が出ます。
[PR]



# by imasu6 | 2010-12-08 13:46 | ペット

クモウツボ

b0052564_8423744.jpg


白い体に茶褐色の斑紋が入り、スノーフレークの呼び名があるとても綺麗ウツボです。

サンゴ礁域の浅場に生息していて、幼魚などはタイドプールなどにいることが多いようです。

飼育に関しては体が柔らかいため全長の7割程度の大きさの水槽でも飼育可能です。

レイアウトは岩の隙間などに生息していますのでシェルターを組んだり塩ビのパイプを入れておきます。

ストレスを感じるとちょっとした隙間から飛び出しますのでフタオーバーフロー出口に加工をするなどの対策が必要です。

エサエビや魚の切り身、慣れればクリル食べるようになります。

混泳については大きさが近い同種でしたら成功する可能性がありますが、基本的に単独飼育をお勧めします。

また性格はウツボの中でも穏やかなほうですが歯が鋭いため不用意に手を近づけないようにしましょう。
[PR]



# by imasu6 | 2010-12-07 08:43 | ペット

コエダナガレハナサンゴ グリーン

b0052564_8401582.jpg


イソギンチャクのような触手をもつチョウジガイ科ハナサンゴの代表格ともいえるナガレハナサンゴと並ぶ人気種で、名前の通り触手が複雑に枝分かれするのが特徴です。

色彩のバリエーションが多く、褐色から蛍光グリーンや青みのかかったもの、紫がかったものなど様々なものが存在します。

ゆらゆらと水流に揺れる触手がとても優雅で美しいハードコーラルです。
[PR]



# by imasu6 | 2010-12-07 08:41 | ペット

ロングフィン・アルビノミニブッシープレコ

b0052564_177143.jpg


ユニーク外見を持つブッシープレコの改良品種です。全てのヒレが伸長するロングフィンとアルビノ形質をもち、美しい体色からプレコとは思えないほど優雅な印象を与えてくれます。ブッシープレコの仲間は成熟すると口にヒゲ状の突起を持ち、扁平した体をもつのが特徴で、成魚でもそれほど大きくならず、良くコケを食べてくれることからコケ取りとしても高い効果を発揮します。飼育も容易でプレコの仲間にしては珍しく繁殖が容易です。
[PR]



# by imasu6 | 2010-12-06 17:08 | ペット

ポリプテルス・オルナティピンニス

b0052564_1731254.jpg


コンゴ川タンガニーカ湖原産のポリプテルスです。黒と黄色の網目模様美しい種で、上顎突出タイプのポリプテルスの中でも最も大きくなる種です。幼魚個体が多く流通し、美しい尾ビレをもつことから、水槽内でも良く目立つ美しいポリプテルスとされています。ポリプの中でも飼育しやすく、丈夫で何でも良く食べ、成長が非常に早く国内での繁殖例も知られています。



ポリプテルスはデボン紀に出現した魚と言われ、魚類から両生類への進化途中の姿を今なおとどめている種とされています。Polypterus(多くのヒレ)と名のとおり背ビレが複数存在し、ガノイン鱗と2つの浮袋を有し、エラ呼吸、空気呼吸が共に可能など、通常淡水魚とは異なる生態が魅力的な種です。種の区別方法は体長背鰭鰭条数、大周鱗数、側線鱗数、背中線鱗数で比較するのが一般的です。
[PR]



# by imasu6 | 2010-12-06 17:04 | ペット

スネークスキン・プレコ

b0052564_13141629.jpg


ブラジル、アラグアイア川、トカンチンス川原産のプレコです。古くから知られるプレコで、体全体に広がるネットワーク模様美しい種です。このネットワーク模様は幼魚の内は大柄ですが、成長と共に細かな亀甲模様のように見えます。やや頭の大きな独特の体型を持ち、体色は地味ですが成長した個体は迫力ある姿となります。飼育は容易で、コケ食いが良いのでコケ対策にも有効です。
[PR]



# by imasu6 | 2010-12-05 13:17 | ペット

なんてことない、ダラダラ綴り
by imasu6
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ダラダラ
クタクタ
シャキシャキ
ブチブチ
絶滅危惧種
絶滅種
ペット
新種
未分類

フォロー中のブログ

ブログパーツ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧