吾輩は亀である

天然記念物 ツシマヤマネコを保護 長崎・対馬

b0052564_1135411.jpg


環境省の絶滅危惧(きぐ)種に指定されている、国の天然記念物ツシマヤマネコが28日、長崎県対馬市南部の下島で見つかり、環境省対馬野生生物保護センター(同市上県町)に保護された。同センターによると、下島での生きたヤマネコ保護は数十年ぶりで、97年のセンター開設以来初めてという。



 ヤマネコは、九電工対馬営業所(同市厳原町小浦)の敷地内で見つかり、従業員数人が捕獲した。今年春ごろに生まれたとみられる雄で、体重約1130グラム。衰弱しているが、餌は食べている。センターは回復を待ち、自然に戻すかなどを決める。



 ツシマヤマネコは対馬だけに生息。北部の上島を中心に80~110頭が生息していると推定される。かつては対馬全域に生息していたが、環境の変化などを受け、特に下島では著しく減少していた。
[PR]



by imasu6 | 2009-12-30 11:36 | 絶滅危惧種

なんてことない、ダラダラ綴り
by imasu6
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ダラダラ
クタクタ
シャキシャキ
ブチブチ
絶滅危惧種
絶滅種
ペット
新種
未分類

フォロー中のブログ

ブログパーツ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧