吾輩は亀である

白いマコガレイ

b0052564_1159121.jpg


体の色を変えることができない白いマコガレイが、下関市あるかぽーとの市立しものせき水族館・海響館で公開されている。体長は25センチで、推定年齢は「3歳」の“大物”だ。
 カレイは通常、周囲の環境に合わせて色を変え、敵から隠れたり、餌を捕まえたりする。このため、変色の能力がない個体は長生きするのが困難だと考えられており、このマコガレイのようなサイズまで無事に成長するのは極めて珍しいという。

 今年1月に同市内で釣り上げられたもので、釣り人が「珍しいので」と海響館に寄贈。水槽内で育てていたが、食欲旺盛で元気いっぱいなことから、10月中旬から一般公開を始めた。
 水槽の底で、砂の中にじっと隠れているが、少しでも砂がはがれると、白い姿がくっきり。海響館の関係者は「このカレイは本当に『幸運』の持ち主。ぜひ見に来て」と話している。
[PR]



by imasu6 | 2006-11-12 11:59 | クタクタ

なんてことない、ダラダラ綴り
by imasu6
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

フォロー中のブログ

ブログパーツ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧